週刊もちもち動物園

ブラック企業に就職したり訴えたり。ハードな体験談を連載ストーリーにしています

【実験】面接の私服OKは、信じていいの?※男性向け

スポンサー広告

f:id:nojisho:20180712210246p:plain

  • 私服OKは、本当に私服で行って大丈夫
  • ただし、僕は私服の最終面接をミスりました
  • ユニクロの男性向け感動ジャケット・パンツは公私両用できて便利

 

面接の「私服OK」って本当に私服でもいいの?

話題になりがちな、企業からの「私服で面接OK」メッセージ。

 

もちろん私服で行ってもいいのですが、「最低限のマナー」をわきまえずに適当な私服で行くと落ちるので注意です。

 

知恵袋とかで、「面接私服OK」に困惑する投稿多数

 

現在就活中です。
企業に説明会と筆記試験に行くのですが
その企業は「ともに私服参加でも可です(スーツ着用不要)」と書かれています。
この場合、スーツで行かない方が良いのでしょうか?
教えてください!

 みたいな投稿があったりします。

 

やっぱり迷っている方、たくさんいらっしゃるんですね。 

 

「私服OK=どんな服でもいい」と考えると、面接は落ちるよ

 

というのも、企業・就活生の両者の目線で見ると、

  • 企業から見た私服=ビジネスカジュアル
  • 就活生から見た私服=どんな服でもいいっしょ!

と、なりがち。

 

企業も「私服OKです!」「スーツは不可!!」とか書いておきながら、「ひどい私服で来ないよね」「適当な私服で来たら面接落としちゃおう」とか考えていたりするのである。

 

したがって、私服OK=服装自由です、みたいに捉えてしまうと面接は厳しい。

 

最終面接で、ダボダボのパーカーとジーンズで行ったら落ちた

 

実は僕も失敗経験があります。リクルート出身の社長が経営しているベンチャーで、最終面接まで進んだときのこと。

 

リクルーターもついており、「君ならできる」「これだけ自己分析できるなら大丈夫」と太鼓判を押されていた。人事からも、「しょうきちくんならできるよ!」と応援されていました。

 

ふつう、リクルーターは「目をつけた応募者を取り込みたい」場合につけるので、これはもう買ったも同然。

 

全てが順風満帆だと思えたのです。

 

しかしながら、落ちた。落ちてしまいました。結構行きたい会社だったので、かなりショックでした。面接の出来も、そこまで失敗はなかったように思えます。今でもそう思えます。

 

咄嗟に浮かんだのは、

 

あ、俺、私服ヤバイわ

 

という、私服に対するヤバさ。

 

なんと、僕は腰パン的な服装で、ダボダボのパーカーとジーンズで、面接を受けていたのです。面接に応じてくれた社長も「うっ……」と思ったことでしょう。

 

もちろん、僕の面接での回答が悪かったのかもしれないが、人事とリクルーターの力添えもあり、ワンデイインターンで高評価ももらっており、正直落ちる要素が私服くらいしか見当たらなかったのです。

 

私服がクソというだけで面接で悔やむのはマジもったいないですよね。 

 

私服OKな面接では、ビジネスカジュアルを意識しよう

なので、面接では、ビジネスカジュアルで行くべきである。これが一番無難なのだ。

服装なんて、いくらおしゃれをしていっても、プラス得点になることはない

 

しかし、マイナス評価になる要素はいくらでもある。着こなしが汚い、汚れている、ダボダボの服で来ている等……

 

かといって、スーツで行くのも変ですよね……

 

カジュアルにも使えるユニクロの感動ジャケット、感動パンツ!

æåã¸ã£ã±ããï¼ã¦ã«ãã©ã©ã¤ãã»ã¦ã¼ã«ã©ã¤ã¯ï¼

 

ユニクロオンラインストアより

 

面接において最☆高に使える服を見つけてしまいました。

 

軽い、安い、動きやすい。ユニクロの感動ジャケットと感動パンツです。

控えめに言って、命の恩人です。

 

履いて着て、すぐにわかることは、軽さです。

 

単純に服自体が軽いというのもあります。メッシュを多用したり、生地が薄かったりするので、単純に軽いのです。さらに、ストレッチがすごいので、ことさらに軽さを強調します。

 

軽さ×動きやすさ=着やすすぎて感動です。

 

そしてユニクロ伝家の宝刀、圧倒的なコスパ。安さの暴力。

 

最悪、破れたりしても5000円でジャケットを、3000円でパンツを買い足せるんですよ。しかも、店は都内なら駅構内にお店もあるし、購入してすぐに使えます。こんなこと、コナカでも青山でもイオンでもできません。

 

最高です。感動です。

 

毎日戦うビジネスマンの天敵である、いろんなリスクを一気に「快適」に転換できる。そんな服だと思います。

 

しかも、これってカッターシャツをTシャツに変えたりするだけで、ビジネスカジュアルにもできるんですよね。公私両用です。

 

実際に着てみて転職の面接を受けてみました。

では、本当に感動ジャケットと感動パンツで転職活動に受かるのか?スーツ第一主義の日本において、ユニクロのジャケパンは通用するのか?

 

やってみました。

 

結果:面接通過率60%(転職面接の平均通過率は20~30%)

 

所感

  • 普通に受かった
  • 中小企業でも、一部上場企業でも通用した
  • 「ウールライク」を選んだことで、他の候補者の着ているヘタな安物スーツよりも高級感すらあった
  • 面接官から「今日はスーツじゃないの?」とか言われなかったので安心した
  • もちろん、「これってユニクロのジャケパンだよね?」と言われることもなかった
  • 面接に遅刻しそうなとき、走りやすかった(余裕で間に合った)
  • 洗濯できたので、たこ焼き食べてもねぎ焼き食べても問題なかった
  • 軽いので、肩がこらずに転職活動に集中できた
  • 転職活動を終えても普通に使えると思った

 

ちなみに、比較のために普通のスーツを着て面接を受けてみましたが、特に通過率に変化はありませんでした。

 

あまりにも普通に使え、普通に面接通過できたので、「スーツじゃなくても面接に受かるのか?」とか考えていた自分がアホみたいでした。

 

感動ジャケット・パンツは私服面接のときだけでなく、スーツとしても使える

 

就活に着ていくスーツって、運用が面倒くさすぎると思いませんか?

 

僕はスーツを着る仕事をあまりしていませんでした。なので、転職のときだけスーツを着るようなスタイルだったのですが、

 

本当に、スーツって、着たくないですよね……!

 

いつも着ているとき、僕はこんなことを考えていました。

 

  1. 手入れ:面倒。シワがつきやすいし、汚れたらクリーニングしなければならない
  2. 価格:高い。どんなに安くても1万円以上する
  3. 着やすさ:重いしムレる。ユーザビリティが低すぎる

 

毎日バタバタな状態で駆け抜けていく就活・転職のとき、こんなストレスを抱えるのはゴメンです。

 

いつも着ている方なら慣れていると思いますが、これから転職活動をやろうと意気込んでいても、「スーツ着用」というルールによって転職のハードルが上がってしまうことってあると思います。

 

スーツは買うのも嫌だし、使っていて一瞬で不快になりうる

まず買うときから一苦労。イオンで1万円スーツを買うのも嫌なので、おそらく多くの方が3万円以上のものを手にとるのだと思います。高い!

 

そして、面接の後に仲間と飲み会とかあったりするじゃないですか。焼き肉、ビール、ラーメン……。

 

スーツだと、タレやスープがこぼれたりしても、簡単に洗えないですよね。クリーニングに出してもまた着れるのは早くて翌日ですし。ものすごく面倒。

 

その帰りに雨でも降ったら最悪です。びしょびしょのスーツを次の日も着るのは嫌ですよね。着心地は悪いし、おそらくニオイもするはず。

 

転職をするのに、なぜこんなものを着なければならないのか……。

 

面接の服装で悩んだら感動ジャケットとパンツ を買いましょう。

作業着しかない、私服勤務だった……だからスーツなんて用意できない!

そんな方に、感動ジャケットってものすごくいいアイテムになるんじゃないかと。

たった8000円で購入可能です。いろんな悩みもすぐさま解決です。

 

転職準備中なら、サイトとエージェント登録もお忘れなく!

 

転職準備の中で避けられないのは、転職サイト登録とエージェント登録。

 

両方登録することで、「無料で効率的な転職活動」が可能です。

 

オススメはリクナビNEXT ですが、それ以外にもDODAなどを使って転職してみたストーリーを書いていますので、御覧ください。

ちなみにこの転職活動で、感動ジャケットを使いました!

www.mochizoo.xyz