娘を溺愛する親父は学歴コンプレックス

「お父さん。私、付き合っている人がいるの」 「うおおおおおおおおん!!!!」 私は食べていたオムライスを勢い良く吹き出すとともに、皿をおもむろに手にしてフリスビーのように投げ始めた。皿は本棚や犬のラッキーに当たってぶち割れたが知ったことではない。 娘。私の娘だ。小さな頃から近づいてくる男どもを、着てい…