もちもち動物園

楽しい働き方研究ブログ。第二新卒転職→ブラック企業勤務→宮崎移住。

ブログが書けない日は、チャージの日

スポンサー広告

ども!

しょうきちです。

 

ブログが書けないことってストレスだ

ブログをやってる人にとって、ブログが書けなくて困ることって絶対にあると思うんです。書こうとしても書けなくて、時間だけが過ぎていくのはとてもストレスだからです。

 

ブログを書き始めて間もないときもそうですが、2,3ヶ月、ある程度慣れてきたときに突然訪れる「ブログ書けない」病。慣れてきたな、自分って書けるなと思ってきた瞬間に書けなくなる。

 

ネタ切れ、モチベ切れ等原因は色々あると思いますが、最近ちょっと思っているのは、書けないことってそんなに悪いことではないよね、ということ。

 

ブログが書けないということは、経験をチャージしている途中

僕はなんだかんだで新卒の秋からブログを書いています。期間で言うと4年間くらい。

 

いつもマイペースに書いているので、1日6本程度書いていたときもあれば、半年に1本も書かなかったときもあります。

 

そこで、過去の記事を読み返してみると、ある共通項目があることに気づきました。

 

それは、

  • さぼった期間のあと、急に筆が乗るタイミングがくる
  • そのときの記事は大体おもしろい

ということです。

 

書きまくっているときよりも、サボり明けの記事の方が面白い。ネタも詰まっている事が多い。内容も、なぜか整理されている。起承転結がある。

 

なぜでしょうか?

 

それは、経験をチャージし、整理された記事を書きやすい状況にあるからだ、と思います。

 

「寝かせた経験」は、ストーリーとして整理されているから面白い

ぼくらの毎日は経験の連続で、その経験の連続をつなぎあわせることで、ストーリーになります。2ちゃんねるにまとめられた「ふだんの日常の記事」がバズったりするように、なんでもない日常にも面白さがあふれています。

 

ただし、日常を面白い記事にするにはもちろん、工夫が必要。

 

  • 違った目線で見る(人間ではなく犬の視点から見た散歩道)
  • 整理してみる(消防士の1日の流れを時系列で整理)
  • まとめてみる(あるある系ブログ記事)

 

など、新たな切り口が必要です。

 

ぼくらが普段からふれている日常なわけですから、日常にどっぷり浸かりながら、新たな切り口を見つけるのは難しいでしょう。

 

しかし、一歩離れてみてみると、意外に簡単に見つかったりするものです。

 

ブログも同じように、ブログを書くという作業から一歩離れ、経験を整理し、寝かせることで、新たな視点が生まれ、コクとウマミのある記事を書けるようになると思っています。

 

チャージだと思えば、ブログを書けないことは悪いことではないよね

カレーを3日煮込んでおいしくする。

さて、この3日間は「ムダ」でしょうか。

 

多くの方が、これをムダとは思わないはずです。

 

なぜなら、カレーをおいしくするのに有効な行程だから。

 

ならば、ブログを書けない時期は、チャージの時期であり、料理でいう「コトコト煮込んでいる」時期です。

 

プロブロガーなら良い記事を毎日量産できるかもしれない。プロの料理人なら、毎日おいしいカレーが作れるかもしれない。

 

でも、もしそうでないなら、何日か寝かせてコクのある記事を作ってもいいのでは?と思います。

 

なので、おいしい記事を、うまい記事を作ることに、焦らないでもいいのではないかと。

 

(さて、この4年間煮込んだブログは、いつまで待てばおいしいブログに変化するのでしょうか……笑)