もちもち動物園

楽しい働き方研究ブログ。第二新卒転職→ブラック企業勤務→宮崎移住。

転職先はブラック企業第49話「無理なものは無理」

スポンサー広告

「辛い フリー画像」の画像検索結果

転職先はブラック企業 前回の話はこちら

www.mochizoo.xyz

 

 

中谷のチェックは一向に早くならず、牛歩の歩みを極めた。それを象徴するがごとく、自社内では「中谷待ち」というホットワードが生まれた。

 

「あいつさ~、マジ何もチェックできないのに返事クソ遅いよね~。チェックできましたとか言っておいて、アタシが自分で見返してたらリンク飛んでない、みたいな。ま、見つからなかったからアタシとしてはいいんだけど~」

 

うちのギャルデザイナーも、中谷に対して厳しい。

 

「中谷待ちで出たロス時間、計測しといたほうがよくな~い?多分この案件、このまま行けば納期ギリギリだよ?クライアントが一回でもデザインでごねたら一発で納期遅延だからさ~」

 

その通りだ。こちらの奮戦をよそに、中谷はのんびりと返事を返してくる。接待だの分析業務が忙しいだの、何かと言い訳をつけて。そのおかげで納期はこちらがどれだけ頑張っても、早期納品に全くもってたどり着かない。光が見えない戦いだ。

 

こうなったら、こちらも武器を揃えておくしかない。僕はExcelシートを開き、中谷待ちで生じた時間をメモし始めた。

 

納期直前のデザイン変更

そうこうしているうちに、納期が迫ってきた。残り3日。納品したサイトは4本中2本。納期ギリギリ、生きるか死ぬかのせめぎ合いだ。

 

僕は眼を真っ赤にしながら、構築中のサイトにテキストを流し込んでいた。中谷が作った文章を、サイトに1ページずつ挿入していくのだ。1サイトに60ページ程度あるから、それはもう血眼にならないとやっていられない。

 

「クソが……」

 

思わず呪いの言葉が漏れ出る。作業時間はぶっ続けの14時間。風呂は深夜にオフィスの流しで頭を洗って終了。睡眠はどうしても無理だと思った瞬間、トイレに行って5分だけ寝る。

 

「限界……中谷……ぜったい……殺す……寿司……食べたい……」

 

思考のはざまで浮かんでくる、無能な取引相手への暴力的欲求と、それとは全く関係ない寿司を食べたい欲求。まぜこぜになって垂れ流している僕は、さぞかしキングオブサイコパスに見えているのだろう。

 

ッターンッ!

 

Enterキーを叩く音がことさらに大きくなる。ッターン、ッターン、ッターンッ!タン、タン……タンか。タン。焼肉。焼肉といえばタン。タン食べたい。牛タンタベタイ、ギュウタン、ギュウタン、ギュウターンッ!

 

「しょうきち、うるさい」

 

「ギュウタン」

 

「は?」

 

「いや、すみません。なんでもないです」

 

「あんた大丈夫?」

 

「大丈夫です」

 

僕の思考回路はゴキブリ以下に成り下がっており、思考中に連想したクソどうでもいいことをさらにクソどうでもいいことにつなげるバカの考えたぷよぷよゲームみたいになっていた。

 

そんな中、携帯が鳴る。忌々しい中谷からだ。

 

「はい、しょうきちです」

 

「あ、しょうきちさん。ちょっと大至急、納品を1日早めてもらいたくて」

 

「無理です」

 

僕は即答した。今の僕はハイなのだ。怖いものは何もない。寿司を食べたい。

 

「レクサス・マーケティングさんの役員委員会が明後日にあって、それまでに見せたいんです」

 

「それはとても素晴らしいことですね。ただ、こんな時期におっしゃられても無理です。物理的に無理です」

 

「そんなことを言って、大丈夫なんですか?今後の付き合いとかもあるでしょうに」

 

「そんなことを言われても、無理なものは無理です」

 

中谷は一方的に電話を切った。知るかこのクソガキめ。僕は寿司は食べたいんだ。

転職先はブラック企業第50話

www.mochizoo.xyz

 

【PR】ブラック企業から転職しよう

3タイプから選ぶストレス用サプリ でストレスに耐えよう

第二新卒転職なら大手のマイナビジョブ20's

僕と同じようにWEB系転職するならWEB/EC専門の転職支援サービス【サポタント】