もちもち動物園

楽しい働き方研究ブログ。第二新卒転職→ブラック企業勤務→宮崎移住。

転職先はブラック企業第46話「無茶ですってば」

スポンサー広告

「驚く フリー画像」の画像検索結果転職先はブラック企業第45話はこちら

www.mochizoo.xyz

 

「3ヶ月半は必要だって申し上げたと思うのですが、チャン様はあと2ヶ月と仰っていますよ」

  

「クライアントがそういうのだから、そうなのでしょうね」

 

「……」

 

他人事かよ。こいつの価値は何なんだよ。こいつのコンサルフィーは国境なき医師団にでも寄付したほうがマシなのではないか。

 

「しかしですね、我々もギリギリの工数で動いています。3ヶ月半という約束でこそGOは出せますが、2ヶ月なんて無茶です」

 

「本当に、無茶、なんですか?」

 

中谷はべらぼうに凄みをきかせていう。

 

「じゃあ、あなた方は1サイトを制作するのにどれくらいの時間が必要なんですか」

 

「おおよそ1ヶ月はかかります」

 

「嘘ですね。この前、ミーティングで私に教えてくださった話では、作業はせいぜい設計、デザイン、コーティング、テキスト挿入、ドメインとサーバーの手続きをしてから最終チェック。このくらいなはず。これでどのくらいの作業時間になるんですかと聞いています」

 

「実作業時間で言えば、30時間もあれば……」

 

「ほら。たった30時間でできるのに、もったいぶって1ヶ月なんていう。クライアントが待っているというのに、自分たちの都合で案件を引き伸ばしたりして」

 

冗談ではない。

 

「ちょっと待って下さい。今言ったのは実作業時間です。本来の工程では、この合間に御社やレクサス・マーケティング様とのチェックも入ります。チェックしてから気に入らないのであれば、戻って修正しなければなりません」

 

「でも、たった30時間でしょ。2倍にしても60時間。何日か徹夜でやればいい話じゃないですか」

 

中谷は嫌味ったらしくため息をついた。

 

「朝から翌朝まで馬車馬のように働いてくれると聞いたから案件をよこしたのに、こんなにひ弱だとは知らなかった」

 

そのとき、僕の脳内では、瞬時に2つの選択肢が交錯した。一つはブチ切れて2ヶ月の納期を突っぱねる。もう一つは、それこそ馬車馬のように2ヶ月で乗り切る。中谷はゴミだが、やつの挑発に乗って突っぱねればこの案件はクローズする。売上も返金扱いになるだろう。サイト4本を2ヶ月で納品する案件は相当な地雷だが、それでも食いつきたい零細制作会社はこの新宿だけでさえゴロゴロいる。

 

それに、以前やられたように、頭脳警察の社内SNSで「納期を守れない制作会社」として晒されでもしたら、まずい。

 

「やります。2ヶ月で」

 

交渉力のない僕には、これしかなかった。

 

ちなみに、こうして会社の売上を守り、耐え抜いたことは全く評価されない。社内に帰った僕を待ち受けていたのは、賞賛ではなく、むしろ罵声だった。

 

「嘘でしょ。こんなサイト4本を2ヶ月って無理に決まってんじゃん!あたし残業やんないからね~。あ~怖っ」

 

デザイナーからはこう言われ、疎まれる。しかし、どうしろというのだ。このめちゃくちゃな売上主義の会社で、案件を選べとでも言うのか。

 

1日あたり20時間勤務で回っている僕の業務ペースと、1日あたり8~9時間で上がるデザイナーのペース。デザイナーの(相対的)短時間勤務で売上を守るには、1件あたりの単価をぐんと上げなければならない。しかし、うちのデザイナーの経験年数は、平均して3年に満たないのだ。

 

はいはい、僕がやればいいんでしょ。

 

そういうわけで、僕もコーティングに加わるようになった。

転職先はブラック企業第47話はこちら

www.mochizoo.xyz

【PR】ブラック企業から転職しよう

3タイプから選ぶストレス用サプリ でストレスに耐えよう

第二新卒転職なら大手のマイナビジョブ20's

僕と同じようにWEB系転職するならWEB/EC専門の転職支援サービス【サポタント】