もちもち動物園

楽しい働き方研究ブログ。第二新卒転職→ブラック企業勤務→宮崎移住。

転職先はブラック企業第45話「弱いものほどよく吠える」

スポンサー広告

「犬 フリー画像」の画像検索結果

転職先はブラック企業第44話はこちら

www.mochizoo.xyz

 

自分のことで手一杯なのに、他人のことなんて気にしちゃいられない。ましてや仕事をくれてやる下請けのことなんてどうだっていい。人に優しく。人にされて嫌なことは人にしない。道徳の時間で習った当たり前を、僕らはすっかり忘れてしまっている。仕事は恩義と責任のなすりつけ合いで、なすりつけられた側は申し訳ございませんとありがとうございますを呪いのようにつぶやくしかないのだ。

 

結局、僕が悪いことになりながら、仕切り直しということで案件はスタートした。頭脳警察の担当は、新卒2年目という中谷。僕からの連絡をひたすらに避け、案件が滞った原因を僕になすりつけた男だ。青いスーツの着こなしだけは決まっている。

 

頭脳警察の会議室で、僕らはサイト制作の案件のミーティングをしていた。もっとも、ミーティングというのは名ばかりで、実質的にはウェブについて何も知らない中谷の戦略を代わりに練ってやる講習会であった。

 

彼のサイト制作の進行スケジュールはずさんを極めていたし、サイトのワイヤーフレームはExcelを情報の授業でさわった中学生の作品に等しかった。道理で提出できなかったわけだ。僕が彼の先生で、彼の仕事を評価できるなら「もっとがんばりましょう」の百段階ほど下位評価である「はなくそ」というスタンプを押してやりたい。

 

「中谷さん。そちらもご多用でしょうから、ワイヤーフレームに関しては僕に任せてください。こちらで作りますので」

 

「そうですね。本来であれば、制作はそっちの仕事ですから」

 

「あと、全体でこんなに短期間では制作できませんので、せめてあと3ヶ月半は下さい」

 

「仕方ないですね。クライアントも急いでいるようですから、お願いしますよ。3ヶ月半ですね」

 

仕事が出来ないくせに、いちいち鼻につくような言い方。なぜ、こうもふてぶてしい態度を取れるのだろうか。激しいスイサイドを希望する。大焦熱地獄から転がり落ちて無間地獄にめぐり愛だ。犬死にでも猫死にでも豚死にでもパンダ死にでもいい。やつが不幸になればいい。

 

しかし、中谷がやるべきであった仕事を流れで引き受けてしまったので、僕は中谷を呪う前に、馬車馬のように働くしかなかった。

 

それからレクサス・マーケティングと頭脳警察とうちの3者交えてのメールのやりとりが始まり、ようやくワイヤーフレームが送信された。僕が作ったものだったが、中谷の面子を守るために、ワイヤーは事前に中谷に共有されている。だから、それは、あたかも彼が制作したかのようにクライアントに提出された。さも自分が努力したかのように見せる中谷のメールを眺めながら、僕はカップラーメンをすすった。

 

1時間語、レクサス・マーケティングのチャンからの返事。

 

ありがとうございます。ワイヤーフレーム、とても、良いと思います。これで進めてください。

確か、納期はあと2ヶ月でしたね。これ以上は縮められませんので、よろしくお願いしますと思います。

 

僕は高圧洗浄機のようにラーメンを吹き出した。3ヶ月半必要だって言ったじゃねえか。

 

転職先はブラック企業第46話はこちら

www.mochizoo.xyz

【PR】ブラック企業から転職しよう

3タイプから選ぶストレス用サプリ でストレスに耐えよう

第二新卒転職なら大手のマイナビジョブ20's

僕と同じようにWEB系転職するならWEB/EC専門の転職支援サービス【サポタント】