もちもち動物園

楽しい働き方研究ブログ。第二新卒転職→ブラック企業勤務→宮崎移住。

MENU

【高学歴あるある】偏差値75の付属高校生活で感じたことを書く

スポンサー広告

ども、偏差値75の高校出身だけど無職です 

f:id:nojisho:20170530204116p:plain

ども、しょうきちです!

 

突然ですが、僕は無職です。

 

今も、九州に展開する超豪華

有名魂の家族飲食店

すなわちファミリーレストラン

「ジョイフル」

にてPCを持ち込んでブログを書いています。

 

言うところの、家でPCいじっているような

糞ニートが場所を移動しただけという

無様な姿を晒しつつ、安価なタンパク源

その名も「ジョイフルハンバーグ」と

無料Wi-Fiほしさに自分の自尊心を

安売りセールしている状況なのであります。

 

しかし、最近友人の塾で

丁稚奉公して生徒に勉強を

教えているときに思ったのです。

 

「あれ?僕ってそういえば、昔

割と勉強頑張っていたんじゃない?」

 

というわけで、今回の記事は

無職の僕が過去の栄光に

すがりつきながら俺スゲーする

大変みっともない記事をお送りいたします。

 

あ、店員さん!

ミックスグリルひとつおねがいしまーす!

 

偏差値75ってどのくらい?

さて、そんな記事であるわけだから、

僕も遠慮なく僕の高校を

 

僕の出身高校は早稲田大学高等学院という。

 

東京の練馬区という23区の中で

どうでもいい区ベスト5に確実に入ってくる、

東京だけどなんか埼玉っぽい場所に存在する

私立高校である。

 

全国の高校の中で、偏差値を上から順に並べるとこんな感じである。

参考:高校偏差値ランキング2017 - 学科毎に最新データを掲載!入試・受験の参考に!

f:id:nojisho:20170414142305p:plain

卒業してから10年弱で

偏差値が急落していないか

不安であったが、

運よく20位以内には入っているようだ。

 

ちなみに偏差値75の学校のみを

切り取るとこんな感じである。

f:id:nojisho:20170414142611p:plain

 

早慶付属の姉妹校や、

ホリエモンの出身高校である

久留米大学附設高校、

国立高校の大阪教育大学付属高校

などが並ぶ。

 

さて。

 

まず告白せねばならないのは、

ブログを書いている僕が自尊心にまみれつつ

鼻息で竜巻を起こしながら大興奮の様で

タイピングしていると言うことである。

 

すなわち無様な自慢でセルフハイなのである。

アドレナリンバイキングなのである。

 

無職の僕にとって、金も身分も自慢できるに

至らないわけだが、唯一自慢できるのはそう、

学歴である。

 

よって、ランチェスター戦略的な

弱者の戦法で言えば、「高校の偏差値」という

自分の唯一の強みによる一点突破。

 

これをインターネットという無限の海に

バラバラと書き散らす快感といったらない。

 

あー、無職だけど秒速で1億稼ぎてえなー。

 

絶望。地頭という概念を知る

僕はこの早稲田大学高等学院という

学校で、初めて「地頭」という概念を学んだ。

 

地頭。

生まれつきの切れ。回転の速さ。

 

生まれつきの頭の良さを示すものであるから、

細胞レベル、遺伝子レベルの出来で

地頭レベルというのは決まっていく。

 

生まれつき、頭の良さが違うから、

正攻法で戦っても絶対に負ける。 

そういうことである。

 

思考回路が異常に精密なのか

それともバグっているのか、

どちらかわからないが、

化物みたいにするすると

ものを覚えるやつがいる。

 

数学の公式を10kgのデカ盛りパスタみたいに

ブリブリ積み上げても、それを全部詰め込んで

「まだ大丈夫」と平気な顔をしていう

数学版ギャル曽根みたいなやつだっていた。

 

努力は報われると考えていた僕は、

こんなにも残酷な要素があるのかと知った。

そして、絶望した。

 

僕がそう気付かされたということはつまり、

僕は劣等生側、つまり地頭を

持たざるものだったということだ。

 

この決定的戦力差に気づいたのは

1学年の期末テストで、

 

僕は中学のときと

全く同じようにテスト勉強をしていた結果、

クラスで51番中49番という極めて不名誉な

順位を叩き出してしまった。

 

僕は、自分のランクを

「秀才」から「凡人」へと

ダウンさせざるを得なかった。

 

凡人の僕が秀才に勝つには、

変化球で勝負するしかないと知ったのだ。

 

それこそ、どくタイプながら、

サイケこうせんを覚えて戦える

ドククラゲのように(?)。

 

私大付属校ならあるある「高校でも第二外国語」

さて、私大附属で結構話題になるのが

「高校で早くも第二外国やります」問題である。

 

僕の学校では、

フランス語やドイツ語、中国語、

そしてロシア語から選べる。

 

ちなみにノリでロシア語を選んでしまった

生徒は悲しみに暮れつつ

「中国語にしておけばよかった……」と

潰しの利かなさに絶望していたと聞く。

 

さて、注目すべきは、この第二外国も

国語や数学と同様に評価されるのだが、

ここにミソがある。

 

天賦の才を持って生まれし地頭神、

言うところの「ナチュラルボーンエリート 」

と比較して、

 

僕のような「盆栽・オブ

ジャパニーズツリーカップデコレーション」

(=凡才)の持ち主としては、

第二外国語で勝負するしかない。

 

なぜならスタート地点が

一緒だからだ。

 

なので、僕は付属の大学に潜り込み、

大学生とともに授業を受け、

(そういうプログラムがある)

 

中国語学習をガチガチに極め、

中国語の成績なら学校一を争う

「2外マスター」となったのである。

 

さらに、選択授業を全て中国語にして

第二外国語全プッシュのカリキュラムに。

 

そうすることにより、「週9中国語」という

NOVAもびっくり駅前留学的な

生活を送った。

 

学校一の得意科目が週9になることにより、

僕の成績は爆上がりした。

 

これぞ、ランチェスターも真っ青な

弱者の戦略である。

 

ちなみに、大学ではデスメタルにはまって

バンドばかりやっていた。

 

中国留学の貴重な機会を

室伏広治選手の如きスローイングで

ポイポイしてしまったのだ。

 

したがって、中国語を極める傍ら

法律を学び、中国の発展に比例しながら

増加する法律トラブルをダイソンのごとく

吸い込みながら金に溺れて暮らすという

当初の目論見は瓦解したのである。

 

 

 

たまに異次元レベルの金持ちがいる

偏差値が高い高校の中でも

付属高校にありがちなのが、

異次元レベルのお金持ちがいること。 

 

プロレス団体の社長の御曹司だったやつは、

誕生日に「島」をもらっていた。

「島」だ。プライベートアイランドだ。

おいおい。そんなの小説だけで終わりにしてくれよ。

 

僕の弟は慶應義塾高校出身なのだが、

友達の家に呼ばれたらタワーマンションの

超高層階で、半端ない夜景に囲まれて

おかかえシェフのフランス料理を

堪能したこともあったらしい。

 

なんてことだっ!!

 

学歴コンプレックスすなわち「○○落ち」、そして「附属ながら外部受験」

ところで、お受験を経験してきた

生徒は、すべてが第一志望に受かるとは

限らない。

 

そこで、残酷にも出てくるのが、

「○○落ち」という概念。

 

僕の学校に多かったのは、

開成落ち、筑駒落ち、筑附落ち。

 

超一流になりたくて、

どうしてもなれなかったから

早稲田に落ち着いたという

わけである。

 

都立のスーパーエリート西高、

老舗の日比谷、国立あたりに行くという

選択肢もあっただろうが、

 

「もう受験はごめんだ」

 

という諦めと疲れ、すなわち

燃え尽きの中で附属を選んだのだろう。

 

ちなみに、付属高校にも関わらず

外部の大学受験を志すものも

少数ながら存在する。

 

基本的に、私立の付属高校では

外部受験を推奨していないため、

受験するとなると大学への推薦権は

喪失してしまう。

 

が、例えば中央大学付属高校では

中央大学への推薦権を保持しつつ

他大学への受験ができるとあって、

結構お得だったりする。

 

だって、滑り止めで名門中央大学への

進学が既に保証されているのである。

かなり穴場だ。

 

生徒会選挙が動物園状態

 これはうちの学校だけかもしれないが、

毎回へんてこな候補者が乱立するので、

卵をなげて演説を妨害するゲームが 

存在する。 

 

僕の代の選挙は中でもへんてこで、

「キリンを飼う」と宣言していた

生徒会長候補が当選してしまったことがあった。

 

ちなみに、キリンは予算とか

いろいろな問題で、結局

わが高等学院にやってくることはなかった。

 

ダンスユニット「早稲6」がテレビ「学校へ行こう」に出演

僕らが在籍していた頃、

学校へ行こう!という番組で

「文舞両道全国フリツケ甲子園」

なる企画が存在しており、

 

高偏差値高校の生徒による

ダンスユニットが

とりあげられることがあった。

 

最初は「灘6(なだしっくす)」という

兵庫の泣く子も黙る学力の暴力、その名も

「灘高校」出身のダンスユニットが登場。

 

学力体力そしてイケメンの3連単により、

物凄い注目を集めたのである。

 

それに続いて高偏差値校のユニットが

続いたのだが、我らが早稲田大学高等学院も

「早稲6」として登場していた。

 

f:id:nojisho:20170530200158p:plain

 

「早稲6」のは当時2年生の

「○○先輩」が率いていた。

 

僕はいち視聴者として

灘6のようなスリーコンボを

期待していた。

 

しかし、○○先輩は学力は高くとも

失礼ながらあまりルックス的偏差値が

芳しくないという評判で、放送終了後も

クソみたいにいじられていた。

 

本人はそれを結構気にしていたらしい。

 

私立の付属校って入るべき?

さて、色々書いたが、

当時も今でも考える事がある。

 

それは、僕は「学院に入って

正解だったのか?」ということだ。

 

日本的な大企業においては

「偏差値の高い大学を出たか」

だけでなく、

「偏差値の高い高校を出たか」

まで見ることもある。

 

そういう「名刺」的な評価は

受けやすい、恵まれたポジションだと

思うのであるが、

 

「自由な校風」に身を任せすぎた結果、

失敗して僕のような無職になるケースも

存在するのだ。

 

また、「高品質な教育を受けさせたい」と

付属校で学ばせたがる親もたくさんいる。

 

が、正直言って、高品質な教育など、なかった。

早稲田大学高等学院で言えば。

 

正確に言えば、超積極的になれば

高度な学習環境に飛び込むこともできるが、

その環境は「用意されている」だけであって

「うけさせてくれるもの」ではない。

 

中国語の件で言えば、僕は運良く

大学の中国語学習プログラムに

参加したことがあった。

 

これは春休みの間、1日8時間

毎日中国語をやるのだが、

 

4時間は聞いた中国語の文を

ひたすらに

「パソコンでタイピング」し、

 

残りの半分は少人数授業で

スパルタ式に中国語を喋らされるという

鬼授業であった。

 

当時は本当に辛く、

何度も泣きそうになりながら

食らいついたものだった。

 

こういう大学の公募は

「探せば」あるし、

大学の図書館も施設も

「使おうと思えば」

使える。

 

しかし、裏返せば、

「探す力」と「継続力」

がなければ、何も得ないまま

3年間が終わる。

 

大学と一緒だ。

 

「あの時勉強していれば……」

 という

 

自分を律する力があれば、

悩むことなんてないのだ。

自分を律する力がないまま

付属高校に進み、そのまま

なんとなく大学生活を

送ってしまうと、

 

「あの時勉強していれば……」

の期間が7年間にかさ増しされる

だけである。

 

そういう意味で、

付属高校は結構博打だと思う。

 

……

 

……

 

……

 

……

 

……

 

……ん?

 

 

「無職のお前に自分を律する力は

あるのかって?」

……

 

……

 

……

 

……

 

……

……

 

……

 

……

 

……

 

……

 

 

あー、無職だけど秒速で1億稼ぎてえなー!!!!

 

 

【人気体験談】転職先はブラック企業を1話から読む

www.mochizoo.xyz

 

投稿強化中:ブラック企業を転職するなら

nojisho.hatenablog.com