もちもち動物園

楽しい働き方研究ブログ。第二新卒転職→ブラック企業勤務→宮崎移住。

MENU

テスト直前まで勉強したことのない中学生を直前の4日間テスト勉強させた結果

スポンサー広告

しょうきち「それじゃあ、いくよ!桶狭間の戦いで使われた武器は?」

 

生徒「………」

 

しょうきち「……」

 

生徒「……」

 

しょうきち「……?」

 

生徒「……?」

 

しょうきち「イヤオオオオオオオオオオオオオオオオオオゥゥゥゥゥ!!」

 

彼らは、本当に、本当に、勉強していなかった。

 

テストで勉強したことのない生徒を勉強させる4日間

僕の友人が塾を開業し、

高学歴である(以外取り柄がない)という

理由だけで僕にヘルプの依頼が来た。

 

塾の運営者は友人で、僕は丁稚奉公。

宿とメシを提供してもらい、

かわりに塾での授業を奉仕活動として頑張っている。

 

その記念すべきプレオープン生として、

2人の生徒がやってきてくれた。

 

中学校の前でビラをまき、

小中学生に生暖かい目で見守られながら

集客した結果の大切な2人だ。

 

しかも、僕らのプレオープン

一発目のプログラムは、

テスト期間集中特訓である。

 

塾運営初心者の僕らに期待し、

成績を預けにきてくれたのだ。

 

ちなみに、テスト範囲は下校してくる

中学生をつかまえて写メを撮らせてもらうという

現地調達ぶり。 サバイバルだぜ。

 

ともかく2人には、なんとしても、

頑張ってもらわねば。

 

テスト勉強に対する激しい認識ギャップ、すなわち「崖っぷち」

ところで、僕の中で、

テスト勉強は1ヶ月前から

やるものだと信じてやまなかった。

 

学校から配られるテスト勉強管理表では、

1時間毎にマスを塗りつぶす

きまりになっていた。

 

1周すれば万々歳といわれる中、

僕は管理表を2周半するほどだった。

 

管理表を塗り潰す度に自分の優越感が

満たされていたから、僕にとって、

テスト勉強は激しい快感であった。

 

アドレナリンによるセルフアビューズ、

つまり自己恍惚である。

 

テストの勉強時間数を積み上げることは、

ヤク中におけるクスリの量を

増やすことと何ら変わりがない。

 

だから、勉強量なんていくらでもこなせたし、

その結果としてついてくる点数は

優越感を見せつけるための道具だった。

 

テストの返却の日。

 

その瞬間が近づくほどに僕の全身は震え、

神経シナプスはブリブリにドライブし、

ニヤつきと冷静のあいだで

無理やりつくった真顔で席を立ち、

鳥肌をプリプリに立たせながら用紙を受け取る。

 

点数は、

 

点数は、

 

点数は……

 

 

満点。

 

ハァーーーーーーン!!!!(心のなかで轟く魂の叫び)

 

 

「しょうきちくん何点だった?」

そう聞いてくる友人たちを中世の貴族よろしく

「まあまあ、そんなに見せるものでもないし?(笑)」

となだめる。

 

それでも覗いてくる元気な男の子A、Bが用紙を覗き込み

「すげー!!しょうきちくん○○点だったんだー!!」

と叫ぶのを、

 

「おいおい、やめてくれよ~(笑)」

と全然止める気のない声で制止(するふりを)していた。

 

アドレナリンヤク中のゴッドオブ自己顕示欲、

または羨望の目を餌にして骨までしゃぶりつくしながら生きる

埼玉の学歴ハイエナすなわち僕にとって、

テストの時間とは、公然オレツエー大会そのものだった。

 

そんな僕が、ひょんなことから、

今までテスト勉強をやったことのない

中学生を指導することになった。

 

その様子が冒頭のそれである。

 

テスト勉強1日目。この子達は、勉強ができないわけではないと知った

そんなわけで始まった1日目。僕はAくんの担当になった。

Aくんをマンツーマンで4日間教える。

彼の成績の責任は完全に僕の手腕にある。

 

さて、冒頭のように、一問一答問題を30分やってわかったことが一つだけある。

 

彼らの脳みそは、テスト範囲の領域については何もやっていない、

汚れのない、きれいなスッポンポンの脳みそだということだ。

 

このスッポンポンに武装をさせて、4日あいだで中間テストという

ボスキャラと戦えるくらいに育て上げなければならない。

 

なんということだ。戦いだ。果てしない戦いだ。

ネバーエンディングストーリーだ。

 

ちなみに、スッポンポンだったのは勉強の内容だけではない。

 

「Aくん、テスト範囲は?」

 

「………」

 

そう、まさかのテスト範囲すら覚えていないのだ。

よく考えれば、勉強しないわけだから

範囲を覚える習慣がなかったのだろう……

 

しかし、悩んでいてもしょうがない。初日は歴史をやろう。

少なくとも、理社なら大丈夫。覚えるだけだ。

 

一問一答だ。勉強ができない感の削減だ

 

その中で考えたのは、一問一答をなるべく多く解かせ、

成功体験を積んでもらうことだ。

 

一問一答は読んで字のごとく、短文の問題と一言で終わる回答を

セットにした出題形式である。

 

山といえば川と言う。ザ・反射神経的な記憶問題。覚えれば勝てる。

覚えなければ負ける。単純明快な瞬発力勝負。

 

単純だから、回答率の向上も容易である。勉強量と回答率が正比例する。

 

対面で、ひたすらに一問一答を出しまくることにした。

ミソなのは、対面でやること。

僕が問題を読み、生徒に口頭で回答させることだ。

 

見るのは虚空じゃない、教科書だ!

最初の10分間は、自分で教科書を読ませ、

僕の口頭一問一答を受けてもらおうと思った。

 

教科書をめくりだすAくん。僕は少し離れて、

ワークを読むふりをしながら見ている。

 

するとAくん、手には教科書を持っているが、

明らかに目が虚ろだ。何だろう、文字を読んでいない。

虚空を見つめている。

 

そして、何回かページをめくっているが、

読んでいるようには見えない。この動き……

きっと、内容も頭に入ってきていないだろう。

 

そのとき、一つの仮説が生まれた。

 

この子、まだ勉強のやり方を見つけられてないのかもしれない。

 

どうやれば問題を記憶することができるか、わかっていないのかもしれない。

それならテスト勉強のやる気がでないのも当然だ。

 

僕は方向転換して、自分で覚えさせることをせず、

僕とAくんで、常にしゃべりながら覚えさせようと考えた。

 

矢継ぎ早に問題を出し続ける僕。悩むAくん。

パスだ。3秒待って出てこなかったらあきらめろ。 

悩む時間の代わりにどんどん問題を解くんだ。

 

こうして、高速の餅つきのように、

一問一答を解きまくる耐久レースが始まった。

 

範囲を一周したら、全く同じ問題をもう一周。

その時、回答率を口に出してやるのも忘れてはダメだ。

 

よっしゃ!○%上がったね!と言いながらハイタッチすると、

まんざらでもなさそうにハイタッチを返してくれる。

 

さらに、「織田信長はホモだった」のような、

若干のエロネタも混ぜると生徒は喜ぶことがわかった。

 

これを何回か繰り返すと、

 

「織田信長は今川義元を何の戦いで破った?」

 

「桶狭間の戦い!」

 

「その時活躍した新兵器は?」

 

「鉄砲!」

 

「それはどんな風に日本に伝わった?」

 

「中国船で種子島にやってきたポルトガル人が伝えた!」

 

「その次代、ヨーロッパ人をなんて言う?」 

 

「南蛮人!」

 

「南蛮人たちとの貿易を?」

 

「南蛮貿易!」

 

「織田信長はホモ?それともホモじゃない?」

 

「ホモォ!!!!!」

 

 

こんな感じで気持ちのよいラリーができた。

 

お母さんに頑張っている姿を見せるんだ!帰りの際までお勉強

そんなこんなで1日が過ぎた。成果は、正答率4割→9割程度。

一問一答問題だが、予想以上の伸び。素晴らしい。

 

これならいけるんじゃないか。

本当に、上位を狙えるんじゃないか?

 

わずかな時間で生まれる確かな手応えに、

嫌でも期待が募る。この勢いがあれば、

自宅でも勉強してくれるはずだ。

 

そう思ったとき、お迎えの合図。

AくんとBくんのお母さんが、車で迎えに来たのだ。

 

よし、終わり!その合図に、Aくんの表情に笑みがこぼれる。

達成感のあらわれだと嬉しいのだが。

 

お母さんは、正直あっさり

せっかくなので、お母さんの前で問題を出してみた。

 

「江戸時代の武士の特権は?」

 

「名字と、あと、えーと……」

 

「刀!」

 

「あ、帯刀だ!!」

 

「OK!絶対明日おぼえてこいよ!」

 

これは僕がちゃんとAくんとコミュニケーションとりながら

教えていることのアピールでもあり、Aくんがちゃんと頑張っていることの

アピールでもあった。

 

しかし、お母さんはあっさりと、またよろしくお願いします、と

Aくんを乗せていってしまった。

 

そうか、意外とあっさりなのか。

仕方がない。まだ1日目なのだから。

 

へとへとの僕らと卵かけご飯

終わったね……と、疲れ果てた僕らは顔を見合わせる。

とりあえずメシだ。

 

ご飯はたきたてのご飯と卵。それにカップラーメン。

疲れ果てた僕らは無心でかき込んだ。

 

友人と僕は食べた後、お皿を片付けることなく

そのまま眠りに落ちた。

 

テスト勉強2日目。疲れるのはまだ早い

 

2日目にそなえて、僕は塾で昼からある動画を見ていた。

それはxvideなんとかでもdmなんとかでもなく、

「ある男が授業をしてみた」というYouTube動画。


【社会】  歴史-39  江戸時代① ・ 基本編

 

これ、本当にすごい。1つ1つの動画がコンパクトにまとめられていて

15分以内で見られるし、わかりやすいし、何より

中学の5教科が全単元載っている。もちろん無料。

 

全てを高クオリティで無料公開してくるその心意気に、

YouTuber、アフィリエイターとしての鏡を感じた。

 

この動画を参考に、わかりやすい授業の流れを考えていたのである。

 

Aくん登場。昨日よりも朗らかな表情。

1日目は歴史をガッツリやったので、

2日目は歴史の復習と理科を1時間で済ませ、

そしてできれば英語もやろうと考えていた。

 

ちなみにAくんは英語が苦手である。当初は理科と社会だけ

注力してもいいと思っていたが、初日の感じを見ると、これは

全教科対策してもいいかもしれない。

 

そんなことを考えていると、Aくんがやってきた。

初日の緊張していた感じはなくなり、柔らかい表情。

 

とりあえず、一発目。

 

「江戸時代の武士の特権は?」

 

「名字と、あと、えーと……」

 

「よーし、覚えてるかな~♪」

 

「帯刀!」

 

「せいかーい!!やればできるじゃーん!!」

 

昨日帰りがけにやった武士の特権についてもきちんと覚えてきたらしい。

 

流れを意識させたら歴史は買ったも同然

Aくんと歴史の復習。忘れているかと思いきや、

見事に覚えている。8割、9割の記憶をきちんと

キープしている。お見事。

 

歴史はやはり、流れだ。

ストーリーを意識させれば定着が段違いに良くなる。

 

織田信長でいえば、

鉄砲伝来→桶狭間の戦い→天下統一

のように、流れで覚えさせるととても強い。

 

  • ○○したから勝った
  • ○○作ったから○○した

という風に、流れを作るのだ。

意外と流れで結びつけて覚えていなかったり、

言葉の意味がわからないから記憶が定着しなかったりする。

 

だから、

 

じゃあ、楽市楽座の楽ってどういう意味?

 

と、たまに意地悪な問題を出してみたりする。

 

楽っていうのはね、ルールをなくしたり緩くすることだよ!

例えば、アイスを1日1個しかたべちゃいけないのを、

1日3つまでにするみたいなこと。

 

楽=規制緩和の意味だから、

その印象を植え込むために小話を

ちょくちょくはさむ。

 

こうすることで、記憶の定着が進む上に、

楽市楽座とは何かを説明せよ、

みたいな記述問題にも強くなる。はず。

 

これが、英語か……テスト勉強、早くも暗礁か

理科も同様、授業前ではやっぱり

3割程度しかわからなかったものが、

何回か質問を繰り返すだけで圧倒的に伸びる。

 

塾講師の仕事とは、言わずもがな、

勉強を教えることなのだが、それは

生徒が記憶するための情報整理を

手伝う仕事だな、とも思った。

 

「いいね!じゃあ英語行こうか!!」

 

英語のテキストを受取り、まずは簡単な日本語訳から

やってもらおう。

 

「They went to there.」

 

「彼らはそこに行った」

 

「She had breakfast this morning.」

 

「彼女は今朝、朝食を食べた」

 

「やるじゃん!」 

 

日本語訳は完璧だった。なんだ、意外とできるんだな。

そう思って、今度は英作文をやってもらおうと思った瞬間。

 

驚いた。スペルミスが頻出してしまうのだ。

 

1年生のときに習った英単語も、結構な頻度で

スペルミスしてしまう。

 

だから、何度か出題してみても、

英作文で一発で正解することはほぼなかった。

 

どうしよう。

 

そうやっていると、Aくんの表情にも変化が見えた。

 

Aくん、フルマラソン終わったみたいにくっそ疲れてた。

 

テスト勉強、早くも頓挫か

何度か英作文を繰り返すことで、

集中力が切れてしまったのだろう。

 

僕が出題しようと問題を選んでいる時、隙を見せると

後ろを向いたり、柔軟したりしてしまう。

 

どうすればいいんだ。

 

今やっている一問一答スタイルだと、

単語をスペルミスするたびに、

リズムに狂いが生じる。

 

リズムが狂うと、Aくんのテンションも下がる。

しかし、特定の範囲のスペルならちょっと勉強して

挽回できるが、範囲を問わないとなると対策が非常に難しい。

 

なるべく早く、この泥沼を回避したい。

 

そう思う間に、残り時間があと10分を切った。

 

その時、咄嗟に聞いた。

「Aくん、単語、どうやって覚えてる?」

僕は中学生の時、英語を無理やり

ローマ字読みをして覚えていた。

 

例えば、Languageなら「らんぐあげ」のように。

 

彼はどうなのだろうと思って聞いてみたところ、

「……?」

とのこと。特に覚え方はなかったようだ。

 

なので、一緒にローマ字読みでスペルを復習してみることにした。

「Beautifulは、べぁうてぃふる!さあ、一緒に!」

 

「べぁうてぃふる……」

 

「もっと大きな声で!」

 

「べぁーうてぃふる!」

 

「よーし、今度は一緒に!せーの!」

 

「「べぁーーうてぃふる!!」」

これで、スペルを書かせてみたら、

 

合っているのである。正解なのである。 

 

これは来た。

勝利の兆しが見えた!

 

英語はうまくいく。ローマ字で徹底的に覚えさせよう。

 

 

とは言え、Aくんが疲れていたのは友人も

感づいていたようで、

 

「Aくん、ヤバいくらい疲れてたな……」

 

と言ってきた。

 

終了時間になると、道具をしまうのが早い早い。

都会の生意気な中学生みたいに反抗してくるわけではないが、

なんとなく嫌な雰囲気を感じていた。

 

テスト勉強3日目。親御さんの期待を受けて

3日目に入る前に、たまたま友人が

Bくんのお父さんに会ったという。

 

お父さんからはこんな話があったそうだ。

 

「Bを塾に入れても絶対に1日でもう行かないって言うと思ってたんですよ。でも、それが2日目も自分で行くって言い出して。こんなの考えられませんでした」

 

 

ハァーーーーーーン!!!!(心のなかで轟く魂の叫び)

 

 

なんということだ。

早くも講師冥利だ。

 

こんなにも早く、講師としての喜びを

感じてしまってもいいのだろうか。

 

「Aくんも、楽しそうに通っているしね。」

 

ハッハァーーーーーーン!!!!

(心のなかで轟く魂の叫び、すなわちカタルシス)

 

 

ああもうこれ何ていうの。

 

僕のこの喜んでいる姿はきっと、

駅の前とかに「労働の喜び」像として置かれても

全くもって問題ないくらいお手本的に

労働の喜びを表しているよ。

 

ここまで言ってもらえたら、やるしかないじゃないですか。

そう、やるしかない。点数を上げるしかない。頑張ろう。

 

数学と英語。苦手教科を克服できるか? 

初日のテストが数学だったので、簡単に理社の復習をした後に

数学をやる。

 

苦手だという数学は、いかがなものなのか。

 

英語のスペルのように根本的な苦手ポイントがあった場合、

この1日だけで駆け抜けるのはほぼ不可能だ。

 

テキストを広げて、昨日と同じように口頭で僕が問題を出す。

「4a+b=c+a、これをbについて解きなさい」

 

さて、どうだ……

 

……

 

……

 

……

 

……

 

……と、解けてる!

 

 

 

「4a+b=c+a、これをbについて解きなさい」

みたいな単純な問題なら、Aくんは楽勝で解けるのだ。

 

しかし、問題なのは文章題だとわかった。

 

「3つの連続する奇数の証明」などが、できない。

そこで、僕は、

 

「なあAくん」

 

「はい」

 

「証明むずい?」

 

「はい」

 

「それじゃあやらなくていいや」

 

「!?」

 

というわけで、証明を放棄して

シンプルな問題を100%回答させることに

集中した。

 

せいぜい証明問題なんて出ても2問程度である。

100点を目指すならまだしも、今の状況を考えたときに

英単語をきちんと書けるようにしたほうが

圧倒的にコスパがいいはずだ。

 

したがって、数学は基本をおさえた後、英語にむかった。

とにかく英語だ。英語ができれば怖いものなしである。

 

必殺ローマ字読み暗記法。英語はもう怖くない

さて。次は英語だ。

 

前日にローマ字読み暗記法でひたすらに英語を勉強したので、

この日もひたすらにローマ字読みを頑張る僕ら。

 

「~の他に、は、えるせ(else)だね」

 

「…えるせ」

 

「え~!他にもあんの~!?って感じでいこう。えるせ……」

 

「えるせ……」

 

「そう!他にもあるの?だり~!は~、え…るせ……」

 

「は~、え……るせ……」

 

こんな感じである。しかし、

見事なまでに日本語訳はできるから、

もしかしたらずっと単語と英作文だけ

やっていればいいのではないかと思った。

 

ちなみに国語は簡単に漢字を復習して終了。文章題は

時間があったらたっぷりやりたいのだが、

残念ながらたった4日間のカリキュラムに

それを詰め込むのは無理があった。

 

ちなみに中学の国語のテストは教科書ワークをやるだけで

点数がべらぼうに上がるのでお試しあれ。

 

だってこういうワークを2、3回種類やるだけで、

だいたいのテストの問題が網羅できてしまうのだから。

中学教科書ワーク 光村図書版 国語 2年

中学教科書ワーク 光村図書版 国語 2年

 

 

縮まるお母さんとの距離

そんなこんなでこの日も授業終了。

やはり、苦手な英語をやるとAくんは

疲れが出てしまうようだが、まあ大丈夫。

明日で泣いても笑っても最後なのだから。

 

帰り際、お迎えに来てくれたお母さんが、

嬉しい話をしてくれた。

 

「Aがね、私に数学の公式をやたら話してくるんですよ。bについて解くっていうのは~とか。こんなこと今までなかったんですけどね~(笑)」

 

アハッハァーーーフッフッフーーーン!!!!

(心のなかで轟く魂の叫び、またの名をデイビッド・オグルビィ)

 

なんということだ。こんなに疲れているような

顔をしているのに、家ではなんだかんだ言って

勉強してくれているのか。

 

「昨日は頑張って1時間くらいやったみたいですよ!」

 

と、自慢げに言ってくるお母さん。よほど

嬉しかったのだろう。今まで勉強したことの

ない子どもが、テスト勉強をしているのだから。

 

乗り切ろう。明日が最後だ。

 

テスト勉強4日目。これが最後だ

さて、最終日。

 

昼間にゲオに行って、参考書コーナーで

何か面白い本がないか探してみるが、

なかなか見つからない。

 

もう少し小ネタがあれば、

授業が盛り上げられるのに、と

悔しく思う。

 

今度はそういうネタも揃えておいて、

テスト期間も4日だけではなく、

2週間じっくりやって、最高レベルの

完成度を目指したい。

 

とにかく、最終日を乗り越えねば……

 

 

英語だ。最後までやり抜こう

 

前日、前々日でAくんが疲れ切ってしまっていたから、

なるべくは集中力を保ちつつ楽しくやりたい。

 

そう考え、ハイテンションでの授業を心がけた。

 

まずは単語テスト。前日できなかったところも含め、

全範囲をとにかく出しまくる。

 

そして、書けなかったものは印をつけ、

ローマ字読みで2人で大声で読む。変な風に読む。

 

「らんぐあげ!」

 

「らんぐあげ!」

Language→らんぐあげ、というように、

アホ丸出しだがそんなこと関係ない。

 

「Tomorrowはrが重なっているから、巻き舌で言ってみようね!」

 

「はい!」

 

「ともるるるるるろぅ」

 

ともるるるるるろぅ

 

「rが2個だからるるるるるって巻き舌するんだよ!」

 

ともるるるるるろぅ

 

「よし、じゃあ2人一緒にやってみよう。せーの!」

 

ともるるるるるろぅ!!!

 

そして、この滑稽な発音劇をこなした結果、 

結果は、なんと正答率9割!素晴らしい!

思わずハイタッチだ。

 

やった。自分のことのように嬉しい。

 

明らかに成長しているAくんを見ていて、

報われる思いを感じた。

 

お母さんから、最高の褒め言葉

そうして最終日が終わり、お迎えの時間。

 

お母さんがやってきて、僕らに言ってくれたことがある。

 

「先生、テスト期間が終わって、本番はいつから始まるんですか」

 

AくんもBくんも、まだプレオープンの体験生である。

つまり、本番の日にちを聞いてくれたということは、

本番の入会を考えてくれているということ。

 

「はっ、はい、来月か再来月を考えています!」

 

「そうですか!連絡待っていますね!」

 

……

 

……いやー、マジ塾やっててよかったー!!!

(まだ4日だけど)

 

疲れの全てが吹き飛ぶような一言だった。

ありがたいことだ。

 

車に乗り込むAくんたちを見ながら、

明日のテストの検討を祈る僕らであった。

 

テスト勉強を教えて学んだこと

勉強できない子は、本当に勉強できないのか。

 

もちろん、脳の発達度に違いはあるから、

全員が満足に勉強できるようになるというのは

難しいかもしれない。

 

でも、一般に勉強しないと言われる彼らでも、

 

結果として十分すぎるほどの正答率を見せてくれた。

 

勉強できない子は、勉強との距離が遠いだけなのだというのが

今のところの僕の結論だ。

 

そして、その距離を縮めるために、勉強を

どう見せるか。情報をどう整理し、

どう料理して吸収しやすくするか。

 

それが教育者の役目なのだろう。

 

ちなみに写真は僕らの晩御飯です。

 

追記:テストの結果、出ました(2017/06/06追記)

ちなみに、テストの結果が出ました!

 

Aくんの成績ですが、

今までは後ろから数えたほうが早かったのに、

今回は学年8位だったそうです!

 

お母さんから

 

「信じられません!うちの子が、一桁ですよ!!」

 

というメッセージをもらい、Aくんの大躍進に感動しました。

 

そして、やっていて本当に良かった。

 

【人気体験談】転職先はブラック企業を1話から読む

www.mochizoo.xyz

 

投稿強化中:ブラック企業を転職するなら

nojisho.hatenablog.com