もちもち動物園

楽しい働き方研究ブログ。第二新卒転職→ブラック企業勤務→宮崎移住。

MENU

面接の「私服OK」を真に受けたら最終落ちた話

スポンサー広告

面接の「私服OK」って本当に私服でもいいの?

話題になりがちな、企業からの「面接での私服OK」メッセージ。もちろん私服で言ってもいいのだが、「最低限のマナー」をわきまえずに適当な私服で行くと落ちるので注意。

 

知恵袋とかで、「面接私服OK」に困惑する投稿多数

 

現在就活中です。
企業に説明会と筆記試験に行くのですが
その企業は「ともに私服参加でも可です(スーツ着用不要)」と書かれています。
この場合、スーツで行かない方が良いのでしょうか?
教えてください!

 みたいな投稿があったりする。

 

しかしこの質問、「私服OK」を真に受けて「普通の私服」で行くとヘビーな大ダメージを負ってしまうので、注意が必要である。

 

「私服OK=どんな服でもいい」と考えると、面接は落ちるよ

 

 

というのも、企業・就活生の両者の目線で見ると、

  • 企業から見た私服=ビジネスカジュアル
  • 就活生から見た私服=どんな服でもいいっしょ!

と、なりがち。

 

企業も「私服OKです!」「スーツは不可!!」とか書いておきながら、「ひどい私服で来ないよね」「適当な私服で来たら面接落としちゃおう」とか考えていたりするのである。

 

したがって、私服OK=服装自由です、みたいに捉えてしまうと面接は厳しい。

 

最終面接で、ダボダボのパーカーとジーンズで行ったら落ちた

 

実は僕も失敗経験がある。リクルート出身の社長が経営しているベンチャーで、最終面接まで進んだ。

 

リクルーターもついており、「君ならできる」「これだけ自己分析できるなら大丈夫」と太鼓判を押されていた。人事からも、「しょうきちくんならできるよ!」と応援されていた。

 

全てが順風満帆だと思えた。

 

しかしながら、落ちた。落ちてしまった。結構行きたい会社だったので、かなりショックだった。面接の出来も、そこまで失敗はなかったように思える。今でもそう思える。

 

咄嗟に浮かんだのは、

 

「あ、俺、私服ヤバイわ」

 

という、私服に対するヤバさ。

 

なんと、僕は腰パン的な服装で、ダボダボのパーカーとジーンズで、面接を受けていたのだ。面接に応じてくれた社長も「うっ……」と思ったことだろう。

 

もちろん、僕の面接での回答が悪かったのかもしれないが、人事とリクルーターの力添えもあり、ワンデイインターンで高評価ももらっており、正直落ちる要素が私服くらいしか見当たらなかったのである。

 

私服がクソというだけで面接で悔やむのはマジもったいない

 

 

私服OKな面接では、ビジネスカジュアルを意識しよう

なので、面接では、ビジネスカジュアルで行くべきである。これが一番無難なのだ。

服装なんて、いくらおしゃれをしていっても、プラス得点になることはない。

 

しかし、マイナス評価になる要素はいくらでもある。着こなしが汚い、汚れている、ダボダボの服で来ている等……

 

では、どうすればいいのか?

 

簡単だ。

ユニクロでジャケットとチノパンでも買えばいいのである(男性の場合)。

 

細身のものを選べば誰でも「それっぽいできるビジネスマン」ぽくなる。

 

男性なら、

  • 黒のジャケット
  • 焦げ茶っぽいチノパン
  • 白シャツ

これでいい。合わせて1万円いかないはずだ。

 

【人気体験談】転職先はブラック企業を1話から読む

www.mochizoo.xyz

 

投稿強化中:ブラック企業を転職するなら

nojisho.hatenablog.com

  

<PR>