もちもち動物園

楽しい働き方研究ブログ。第二新卒転職→ブラック企業勤務→宮崎移住。

霧島市の源泉かけ流し温泉「富の湯」に行ってきた

スポンサー広告


霧島市隼人にある銭湯「富の湯」に行ってみた

 

10号線沿い、海のすぐ近くにある富の湯に行ってみたら極上泉質のいいお湯でした。

 

ラーメン食べたし銭湯に行きたい

隼人のとくだラーメンに寄って、時間は5時半。そろそろお風呂に入りたい。鹿児島の温泉の数は果てしなく多いので、ガンガン入らないともったいない。

 

そう思いながら車を発信させて、わずか2分。

 

海辺に「天然温泉」の文字!温泉、偶然発見しちゃったよ!

 

こういうときの偶然は大切にしたい主義なので、行ってみることに。

「富の湯」とあります。

 

富の湯の泉質はHard&Good

 

浜之市ふれあいセンターと併設してあるので、ふれあいセンターのレジでお金を払う。 
f:id:nojisho:20170519214048j:image

 

370円。安い!

f:id:nojisho:20170519214117j:image

 

泉質は海沿いだからか塩化ナトリウム泉。鉄分が多く、結構鉄臭いです。かけ流しだから温泉成分がっつり摂取できますね。あ、摂取したら死ぬか。見事なまでに床が変色しているあたり、さすがかけ流し。

 

そのおかげか、地元の人がバッカバカ入ってくる。回転はいいのですが、どんどん入ってくるから常ににぎやか。おじいちゃんが中心ですが、6時を回ったくらいから10代、20代とみられる若者の姿も。いいですね、地元に愛される温泉!

 

地元の人に愛されているかどうかって、温泉のコスパの判断基準としていいですよね。入る人が観光客ばかりだと、値段が高かったり、飛び道具的な設備に集客を頼っていたりする気が。

 

※塩化ナトリウムの成分が強いので、湯あたりしやすいらしく長湯はおすすめできないとのこと。僕も40分くらいで出ました。

 

 

富の湯は足湯も楽しめるよ
f:id:nojisho:20170519214219j:image

温泉から出てぼーっとしてたら足湯があったのを思い出す。せっかくなので入らないとね!

 

やっぱり気持ちいいです。あまりに気持ちいいしだれもいないので、足湯であったまりながらるるぶ鹿児島を読み出す僕。贅沢すぎてやばい。

f:id:nojisho:20170519214257j:image

 

 さすがにあたたまったので、海沿いを散歩してみたり。気持ちいい。f:id:nojisho:20170519214143j:image

 

総じて満足でした。富の湯はおすすめ。