読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もちもち動物園

楽しい働き方研究ブログ。第二新卒転職→ブラック企業勤務→宮崎移住。

MENU

転職先はブラック企業第35話「夢ってなんですか?」

f:id:nojisho:20170428213246p:plain

転職先はブラック企業第34話はこちら

www.mochizoo.xyz

 

戦闘態勢確立

毎週1回のトレーニングで、女子大生は見事なキャッチに進化しつつあった。

 

「あーっ、ごめんなさーい!ちょっといいですかー!?」

 

ぶつかるかぶつからないかの絶妙なタイミングで相手の進路をふさぎ、思考を奪う。かわいい女の子が飛び出してきたら、誰だって立ち止まるだろ。そのままにっこりと笑いながら、「ぜひどうですか?」と席をすすめる。座ったら最期、熱烈な営業攻撃でアポまで持っていかれるのだ。可憐な女子大生たちは、いつの間にか蟻地獄式に客をからめとる技を習得していた。

 

女子大生たちの成長に社長もご満悦だ。何人かはそのまま新卒でスカウトしたいとも言っている。京大出身の巨漢、熊本が作り上げたデータは、ギャルデザイナーの腕によってきれいな三つ折りのパンフレットに進化した。

 

着々と準備は進んでいる。

 

「しょうきちさ~ん!もう一度お願いしま~す!」

 

はいはい、わかったわかった。仕方がないなあ。

 

ふと部屋の隅を見ると、マゾ彦がテレアポをしながらこちらを羨ましそうにみていた。すまんな、マゾ彦。これが役得というものだ。お前にはやるべき仕事があるだろう。目の前の仕事に真剣に取り組むのがビジネスマンというものなのだよ。

 

 

休憩時間

お疲れ様です。そういって、宮崎が僕にモンスターエナジーの缶を持ってきてくれた。社長が差し入れしてくれたものだ。アメリカ産の、日本じゃ売っていない特大サイズ。3本飲んだらカフェイン中毒で即死だ。怖い差し入れだこと。

 

「ありがとう。宮崎さんもよくがんばったね」

 

「いえ!それよりみなさん、仕事に真剣に取り組んでいて、すごいですね!」

 

「そ、そうか……まあね。毎日大変だけれど」

 

「やっぱり、夢ってあるんですか」

 

ぐさりと胸を突かれたような気がした。

 

そうだね、色々、あるよ。いろいろね。つぶやくように返す。夢なんて、夢なんて、この過重労働の毎日で探せるものか。「大学生には難しくてわからないよ」と言わんばかりに、急に扉をとざす自分。

 

「そうなんですね!さすがだなあ」

 

「まだきちんと固まっていないけどね」

 

情けないと思った。この会社がブラック企業だから、この事業部が忙しいから、この仕事が炎上しているから。いくらでも言い訳はできる。しかし、自分で入ったこの会社で、何も希望もなく、ミキサーですりつぶすように毎日を消費している。

 

夢も、やりたいことも、忙しさの中では無味乾燥な妄言でしかない。忙しさを乗り越えた先に夢があるのかもしれない。でも、この地獄のような日々を乗り越えるだなんて僕らにできるのだろうか。

 

この会社の持株会でできるだけ金をつかみ、辞めてから何かやりたい。というか、辞めたい。僕のモチベーションはこれに尽きる。もはやこの会社を大きくすることに、意欲を燃やすことはできない。こんなことを正直に言ったら、きっと、彼女は僕を見下すだろう。

 

この人、どうしようもないな、って。

 

「そうだ、宮崎さんはないの。夢とか」

 

「え~、夢かあ~。私こそ、そんなに立派じゃないですけど。今、学生団体で、女性の働き方について啓蒙する活動をやっているんです。いろんな社長さんに公演してもらったり。今そうやって、コネクションを増やしていって、将来はNPOとか設立してみたいなって思っていて」

 

驚いた。いきなり真面目なことを言うものだ。この子もきっと、もがいているのだろう。

 

「でも、どうやっていけばもっとうちの活動にファンをふやしていけるかどうかがわからなくて。今回も、営業活動の一環に関われるって聞いたから、応募してみたんです。営業って、自分のファンを増やしていくことって聞いたことがあるから」

 

「そもそも、何で女性の働き方について啓蒙しているの。別にそうしなくても、世の中の女性は勝手に働くし、社長になるような人はどんどん成長して稼いでいって独立すると思うよ」

 

「そうですね……」

 

宮崎はまっすぐ前を見て言う。

 

「私が自分自身の働き方について、知りたいと思っているからかもしれないです。女性って色々制限があって、こう働かなきゃいけない、こうしないと女性じゃない、みたいな縛りがあるから。そんな世の中でもきちんと認められる、働き方の正解を見つけたいんです」

 

「働き方の正解、ね」

 

働き方の正解。そんなものがあったら教えてもらいたいものだ。納得出来ないまま働いている今の時間を意味あるものにするために。

 

 

「もし、働き方に、普遍的な正解があるのだとしたら」

 

もしあるとしたら、僕は聞いてみたいと思った。

 

【人気体験談】転職先はブラック企業を1話から読む

www.mochizoo.xyz

 

投稿強化中:ブラック企業を転職するなら

nojisho.hatenablog.com

  

<PR>