もちもち動物園

楽しい働き方研究ブログ。第二新卒転職→ブラック企業勤務→宮崎移住。

転職先はブラック企業第33話「展示会出展決定」

スポンサー広告

フリー写真, 人物, 女性, アジア人女性, 女性(モデル:00190), 日本人, 男性, アジア人男性, 男性(モデル:00182), 職業, ビジネス, ビジネスマン, サラリーマン, ビジネスウーマン, 二人, 説明する, 商談,

転職先はブラック企業第32話はこちら

www.mochizoo.xyz

 

展示会が始まる

9月半ばになっても秋の訪れを微塵も感じさせない東京。新宿はハンカチで汗を拭う人々で溢れていた。暑さの何が嫌かって、スーツを着るのが辛いことだ。訪問に行くたびにワイシャツを着替えられたらいいのに、と思う。

 

僕はTシャツに半ズボンの格好でオフィスの窓から蟻のようにうごめく人の群れをながめている。なぜこんな格好かというと、今日が日曜日だからだ。

 

ドリームプラン社の騒動では何回か(クライアントの訪問という体で)直行直帰扱いにしてもらい、休日出勤はなかった。しかし、特に用事もないのに休日出勤しないことはこの会社にとって悪なのだ。なんて言ったって、土曜日に会社を休んだことで「無断欠勤扱い」にされたこともある。その日から、僕は平日を訪問日、土日を通常業務遂行日と決めている。下手に文句を言われないために。

 

営業力強化の一環で、営業担当でない僕達も営業に参加させられてから久しい。マゾ彦たちもネット回線のテレアポ部隊に入れられているし、ただでさえシビアな雰囲気も、さらに過酷になっている。

 

「てめえ殺すぞ」

 

営業部隊にジャンプを投げつけて社長が叫ぶ。ドリームプランの柿沼もやたらと部下を詰める男だったが、あいつは所詮アホである。本当にきつい詰め方をしらない。その点、うちの社長は心得ている。人の心の折れる寸前まで叩きのめして、「辞める」と「続ける」の間で「頑張ります」と宣言させる。

 

「お前ら本当にクソだな。今日は俺、おっパブ行くから。さんま、来い」

 

「は、はい……」

 

社長は気に入らないことがあると、たまに風俗に行く。しかも昼からだ。僕らはウンウインうなりながら資料作成に追われているが、社長には関係のないことだ。40分4000円、昼のおっパブ革命。どこにも負けない積極的サービスで昼からあの娘があんなことやこんなこと……。

 

 

 

「そうだ、パンフレットを作っとけよ。担当はそうだな、熊本」

 

「はい!」

 

「CMSのパンフレットつくっとけ。あとサービス名とかも考えといて。明日の夜まで」

 

「は……」

 

「できるでしょ?」

 

「はい……」

 

熊本は180cmを超える巨体を持つ。京大のラグビー部出身で、強大な頭脳と体力を併せ持つ。巨体に似合わない精緻な資料作成力を活かしてRのつく大企業で頑張っていたが、社長にスカウトされてこの会社へやってきた。

 

「じゃあよろしく!」

 

頼まれたら断れない。熊本の性格も手伝って、基本的に彼は無茶ぶり要因として機能している。ちなみに、1話でパンスト相撲をやらされていたのもこの熊本だ。

 

「徹夜だな……」

 

熊本はポツリとつぶやくと、PCに向き合った。すぐさまパワーポイントを開いて作業を始める。

 

営業練習

翌日の月曜日。しっかり休んでリフレッシュしてくるギャル社員たちを除いて、僕らは完全に生気を失っている。

 

「休み明けなのにそんなキツそうな顔しないでよ。私達まで憂鬱になるから」

 

そう言うギャルたちに、この苦しみを味あわせてやりたいと思ったが、そう言って面倒になるのも嫌だった。僕は「そっすね」とやり過ごして、やはり死にそうな顔で資料作成をこなしていく。

 

昼になる頃、社長がオフィスに入ってきた。いつも通りの重役出勤。「おはようございます!」の声が響き渡る。

 

「ちょっとお前ら、会議室に集合して。テレアポ部隊はそのままコール続けてて」

 

僕らは軍隊のように威勢のいい返事で会議室に行進する。僕らに求められているのはゾンビの兵隊なのかもしれない。死にそうな顔で永遠に働き、どれだけ苦痛を感じでも死ぬことのない不死身のアンデッド。これならニンニクでも十字架でも火葬でもなんでもいいから葬ってくれという感じ。

 

「で」

 

社長が僕らを見渡して言う。なんだろう、何か面倒事が起きそうな予感がする。

 

「うちの会社、展示会に出るから。今売りだしてるCMS、単に営業かけてるだけだったら成果がしょぼいから、カネかけてブース出して取りに行くわ」

 

出た。また僕らの仕事が増える。

 

「で、お前らにはコマ集めからやってもらう。インターン生を中心に、ビラ配り要因をバイトで集めろ。日給8000円は出す。そうだな、条件は……」

 

ニヤリと笑っていう。

 

「とびきり可愛い子を集めてこい!」

 

【人気体験談】転職先はブラック企業を1話から読む

www.mochizoo.xyz

 

投稿強化中:ブラック企業を転職するなら

nojisho.hatenablog.com

  

<PR>