もちもち動物園

楽しい働き方研究ブログ。第二新卒転職→ブラック企業勤務→宮崎移住。

転職先はブラック企業第31話「ちゃっす、記者会見っす」

スポンサー広告

フリー写真 謝罪するビジネスマン

転職先はブラック企業第30話はこちら

www.mochizoo.xyz

 

嘲笑の記者会見

「こんちゃっす、えーと、この度は、お忙しい中集まっていただきましてー、マジ、あ、誠にー、ありがとうござーっす」

 

セミナールームで開かれる記者会見場で、響き渡る気の抜けた挨拶。記者たちの薄笑いが音もなく響く。僕は彼の最期を看取るつもりで高田馬場の貸し会議室に来ていた。

 

記者会見に至るまで

少しだけ、ここまでの流れを紹介しようと思う。

 

サプリ販売を行うドリームプラン社のSNSアカウントが炎上したのはつい2日までのこと。ドリームプラン社のあらゆるウェブサイト、SNSは全て、再開するたびに攻撃される。火種は消えることがない。

 

ドリームプランの炎上がここまで広がった要因は一つ。マネージャーのチャラ男、柿沼が対応を見事に見誤ったということだ。ツイッターアカウントで批判してくるアカウントをブロックし続けたり、ついにはアカウントを消して逃亡しようとしたりしたのだ。

 

結果、攻撃は閲覧してくる相手を拒めないホームページに集中。お問い合わせフォームには苦情の洪水、注文システムにはキャンセルメールの大群だ。

 

柿沼は火消しが絶望的に下手だったし、ネットをなめていた。アカウントを消したところで、柿沼はそんなことで逃げられるとでも思ったのだろうか。四方八方敵に囲まれた、背水の陣だというのに。

 

さて、そんな彼が決定的な行動を起こす。謝罪だろうか、それとも逃亡だろうか。いや、残念ながら、彼は最後まで馬鹿だったのだ。Facebookアカウントに愚痴を書き込み、自分を正当化するという愚行を犯した。

 

「ネットの奴らはバカばかりです」

「俺は本気で事業をグロースしようとしていただけ」

「傍観者が何言ってんだって感じです」

「このままじゃ終わりません」

 

この状況でこんなことを言えるのだから、精神的なタフさは認めよう。さて、この発言はどうなっただろうか、想像してみてほしい。

 

結果はおそらく、ご想像のとおりだ。発言はキャプチャされ、光の速さでアップされた。その結果、矛先は柿沼自身に向けられることになる。自業自得だよね。

 

さらされたのは、柿沼の住所や顔写真(しかも卒アルまで!)。どんどんネット上にアップされた。不幸は不幸を呼ぶ。彼の印象の悪さから、ネットは更に湧き上がっていく。

 

「何だこのチャラ男は!」

「こんなやつなら叩かれて同然」

「思いやりのなさそうなやつ」

「頭が悪そうでムカムカする」

 

しかし、不思議なもので、書かれていることは全て同意できてしまうから面白いものだ。案外、人はネットだけでも通じ合えるのかもしれない。何せ、頭の悪さや思いやりのなさまで伝わってしまうのだから。

 

社長が動く

逃げ場所もなくなり、柿沼はついに社長にアドバイスを求めた。自分で燃料を投下しまくって自分の家を燃やしまくる哀れなチャラ男に、シンガポールに出張中の社長もついに動いたようだ。

 

「記者会見、マジっすか。記者会見っすか?俺が?」

 

電話で社長と話す柿沼の口からは、記者会見の言葉。すこしかわいそうだが、そのアホぶりを世間に晒してみるといいかもしれないな。

 

「どうしよ、しょうきち。マジ俺記者会見とかやったことねえし」

 

「大丈夫ですよ。誠心誠意、対応すればいいだけです」

 

いつの間にかタメ口でしゃべってくる柿沼。こういう礼節のなさが炎上を巻き起こしたんだぞ、とは教えてやらないことにした。

 

転職先はブラック企業第32話はこちら

www.mochizoo.xyz

 

 

【PR】ブラック企業から転職しよう

3タイプから選ぶストレス用サプリ でストレスに耐えよう

第二新卒転職なら大手のマイナビジョブ20's

僕と同じようにWEB系転職するならWEB/EC専門の転職支援サービス【サポタント】