読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もちもち動物園

楽しい働き方研究ブログ。第二新卒転職→ブラック企業勤務→宮崎移住。

MENU

衝撃的にうまい人吉のうなぎ「上村うなぎ屋」へ行く

 

ども!

しょうきちです。

 

 熊本の人吉温泉に行ってきたのですが、あまりにもうまいうなぎ屋さんがあったので。

 

九州に移住した当初から目をつけていた人吉のうなぎ

 

移住してからまずしたことは、九州のうまい店を食べログで探すことだった。

 

ランキング形式で探すわけなのだけれど、カテゴライズしないと 紹介性の小料理屋みたいなのしか出てこなかったりするので、料理のジャンルを選んで探さなくてはならない。

 

ちなみに僕が真っ先に探したのはラーメン、寿司、そしてうなぎである。

 

中でも目を引いたのは、

 

温泉地+うなぎ。

 

宿で朝風呂に入ってから早めにチェックアウトをして、その足で温泉街をぶらぶら歩き、お腹をすかせてから入って食べるうなぎ。

 

これは絶対食べたい!と思い、移住当初からチェックしていた。

 

そして食べたいと思い続けてはや1年、ようやく人吉温泉に旅行する機会があって訪れたというわけだ。

(旅行記事はまた後日)

 

温泉街を歩く

 

温泉街はこんな感じ。川を挟んで温泉街が両岸にあるかたち。
f:id:nojisho:20160922132406j:image

 

あまり栄えすぎていないのもよくて、のんびり散歩を楽しめる、素敵な街だった。
f:id:nojisho:20160922132428j:image

 

そして上村うなぎ屋へ


そんな温泉街の脇道に、お目当ての上村うなぎ屋さんはある。

 

建物からして年季が入っており、「長年うなぎ一筋!」という迫力があった。
f:id:nojisho:20160922125627j:image

しかし、入ると意外と小奇麗。

 

メニューを開くと、うなぎはすべて天然ものとのこと。期待度が上がる。
f:id:nojisho:20160922125650j:image

 

うな重の中(2200円)を注文し、待つこと10分。

 

うな重の到着!

肝吸いつき。
f:id:nojisho:20160922125706j:image

 

フタを開けてみると、これはもう見事な良い香り。蒲焼のタレの甘辛さがほわんと香り、今すぐぱくつきたくなる。
f:id:nojisho:20160922125724j:image

 

 早速いただきます!
f:id:nojisho:20160922125746j:image

 

食べてみて、黙り込む。

こんなにおいしいうなぎがあるものかと心底驚いた。

 

 

うなぎが新鮮すぎるからなのか、それとも焼き方が絶妙なのか。どちらかはわからないけど、最初のひと噛みがムチムチで、それでいて生っぽくなくて、噛みしめるとちゃんと奥にパリッとした焦げ目の感触があって、嫌味のない炭火のにおいがする。この香ばしい香りは「後味」と言っても良いかもしれない。

 

このうなぎのために 人吉に来るのは全く間違っていないと思う。食べに来る意味がある。それだけの衝撃。
f:id:nojisho:20160922133740j:image

 

ごはんも適度な硬さ。
f:id:nojisho:20160922133859j:image

 

初めて食べたときの衝撃を何度も味わいたくなり、一口食べてはお茶で下をリセットして、また味わう。貧乏くさいけど、また、これが良い。
f:id:nojisho:20160922133803j:image

 

夢中で食べるあまり、あっという間にうなぎは残り一口となってしまった。最後の一口、惜しみながら一気に頬張り、よくかんで味わう。この食感、旨味、忘れたくないなあ。
f:id:nojisho:20160922133842j:image

食べ終わってからも後味を楽しみたくて、お茶を飲まずに店を出た。ごちそうさまでした。