読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もちもち動物園

楽しい働き方研究ブログ。第二新卒転職→ブラック企業勤務→宮崎移住。

MENU

ブラック企業は本当に成長できるのか

ども!

しょうきちです。
 
 
ブラック企業で働いていた日々は絶望の日々でした。
 
それは「転職先はブラック企業」というカテゴリで連載している通りなんですけど、
 
罵倒されたり
社員が床で寝ていたり
同僚が時間節約のために帰宅途中に歯を磨いたりするようなそれはもうカオスだったんですね。
 
記事のアーカイブはここから見れます。
 
 

ブラック企業は、言うほど「成長」できるのか

 
まあそれはさておき、
 
いろいろ辛いこともあったんですが、
じゃあブラック企業で働いたことが全部ダメだったのかというと、僕はそうは思っていません。
 
ハードワークで手に入れた成長も当然あります。
 
よく会社説明とかで、ブラック企業が「当社はどこよりも成長できます!」とか言いますよね。
 
あれってそれなりに正しい部分もあると思います。
 
たとえをいうと、
 
当然ですが、甲子園球児が夜遅くまで練習しないと勝てないように、量は質に転化します。
 
バリバリやったほうが他よりうまくなるんです。成長できるんです。
 
そういった成長環境を無理やり提供してくるので、ブラック企業は成長できる、というのはあながち間違いではないかもしれません。
 
ただし、給料搾取だったりセクハラみたいな意味で問題視されている企業は別ですね。
 
あくまで長時間労働を強いるタイプのブラック企業に言えることです。
 

しょうきちはブラック企業で成長したのか

 
僕が成長したと思うポイントをいくつか紹介します。
 
1:ドキュメントスキル(パワポ、エクセル)
 
まず、ドキュメントスキルは圧倒的に成長できました。
毎日深夜までいじってるので当然ですね。
 
入社まではエクセルのセル結合すらできなかったけど、1年半たって今の会社に転職した時は、エクセルの資料の美しさに驚かれました。
(今の会社がPC音痴なのも拍車をかけて)
 
これは、得したなと思います。
 
 
2:ロジカルシンキング
 
コンサルの真似事もやっていたので、課題発見解決→課題解決のプロセスを組むのはかなり練習させられました。
 
これも、別の会社でも活かせるので○
 
 
3:Webマーケティングスキル(SEO、サイト設計)
 
この前40歳くらいのSEO講師を面接したのですが、自分のほうが知識があるとわかって「自分は相当詰め込んだんだなあ」と思いました。
 
 
ざっと挙げるとこんな感じで、
 
成長できたスキルもそこそこあり、
なおかつそれがポータブルスキルであったため、
 
他の企業でも活かせるスキル獲得につながっています。
 
その結果、1部上場企業のWEbマーケティング担当で内定をもらったり、
WantedlyのスカウトでWeb系のお誘いがバンバン来ます。今でも。
 
 

「成長」でブラックさを隠蔽するのは罪

 
じゃあブラック企業が成長をうたうことの何が悪いのかっていうと、
 
ブラック企業のブラックな部分を隠すのが良くないんですよ。成長とか、聞こえの良い言葉でね。
 
普通に考えて、床で社員が寝ないと仕事が終わらない職場なんて誰も行きたがらないじゃないですか。
 
そういうエグい部分を「嘘をついて」騙して入社させたりするのが良くないんです。
 
 

「成長」と引き換えに失うものもある

 
もちろん、成長と引き換えにブラック企業がもっていくものもあります。
 
僕はブラック企業で働いて、
 
  1. 彼女
  2. プライベートの時間
  3. 家族との時間
  4. 正常な精神(うつになりかけた)
こういったものを失いました。
 
だから、成長できるからといってブラック企業を肯定することはできないですし、進めもしません。
 
ブラック企業で成長を求めるということは、それなりの対価が必要です。