読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もちもち動物園

楽しい働き方研究ブログ。第二新卒転職→ブラック企業勤務→宮崎移住。

MENU

宮崎に移住する前・移住直後・1年後について解説するよ

ブラック企業を 辞めて宮崎で働くことになりました。

そこで、地方(宮崎)に住むにあたって魅力に感じたことを書いていきます。

 

宮崎は食べものがうますぎる

宮崎は肉王国。

f:id:nojisho:20150808112330j:plain

 

宮崎地鶏、宮崎牛はすでに全国レベルの知名度を誇っています。

地鶏のたたきや宮崎牛のハンバーグなど、肉を生かした料理を存分に楽しめるのがうれしいです。これはめちゃくちゃ魅力。だって文句なしにおいしいんだもん。

 

また、うどんもおいしい。こちらではコシのない「やわうどん」が主流ですが、柔らかいだけにつゆと絡みやすく、めちゃくちゃうまいです。「きっちょううどん」というチェーン店が220円でうどんを出していますが、うますぎて旅中2日にいっぺんくらい食べていました。こんぶと煮干しをミックスさせたような、やさしい味わいです。

f:id:nojisho:20150802161316j:plain

 

焼酎がうますぎる

f:id:nojisho:20150814224555j:plain

九州の酒といえば焼酎ですが、宮崎も焼酎の充実っぷりが半端ありません。

 

「黒霧島」などで全国的に売り出している超有名酒造メーカーの霧島酒造は宮崎県都城市にあります。

 

また、すっきりとした飲み口がおいしい「飫肥杉」などは、海沿いの日南市でよく飲まれています。この飫肥杉がまたおいしくて、僕ははまりました。完全に。

 

 

一杯目から飲めるような、アルコール低めの焼酎もあるのも焼酎の本場、宮崎ならでは。

 

宮崎に移住してから、晩酌で焼酎を飲むのが楽しくなりました。

 

自然が多い

f:id:nojisho:20150809111305j:plain

 

地方移住の醍醐味、自然!上記は宮崎の棚田で撮った写真です。開放感ありすぎ!!

 

他にもボートツアーが絶景で有名な高千穂峡など、秘境めいたところがたくさんあります。

f:id:nojisho:20150814192320j:plain

 

市街地から1時間程度でこの風景。

f:id:nojisho:20150809133358j:plain

 

山梨や埼玉なども自然はあるものの、「ガチ感」が違います。明らかに都会から離れた場所にしかない雰囲気がプンプン。

 

宮崎は基本的に山と海に囲まれていますので、本当に美しい自然がいっぱいで魅力全開です。

 

 

住宅費が安い

宮崎は非常に土地が安く、3万円で一軒家を借りることができます。

僕は大通り沿いの1kを借りる予定ですが、駐車場代込みで3万円です。移住万歳!!

 

以前、新宿で5万払って半個室のシェアハウスを借りていた時がありましたが、

もはやそんなのギャグでしかないです。実際物置程度にしかならなくて、2か月で解約してしまいましたし。

 

人が良い

f:id:nojisho:20150808172701j:plain

まだ移住していないので、移住しようと決めるまでに会ってきた人の所感でしかありませんが、カラッとした南国風の明るい方が多い印象です。

 

偶然、夏祭りにお邪魔する機会があったのですが、これがまた雰囲気が良くて。知らないおっさんのうたっているカラオケがなんだか楽しいんです。

(僕が住むのは市街地のほうなので、雰囲気は多少変わる可能性があります)

 

やや「村社会」っぽい、どこか閉鎖的な雰囲気も感じなくはありませんが、陰湿さは感じられないので、うまく溶け込んでいきたいと思います。

 

自分を売り出しやすい

f:id:nojisho:20150712013636j:plain

競合がいないので、自分ブランドを作りやすいのも大きな魅力です。

 

たとえばWeb関連に詳しそうな人が全然いないので、ここらへんでWebマーケティングをやり始めたらあっという間に自分がナンバーワンになれそうです。農家さん専門のマーケッターとしてECコンサルをやったりしてもよいかもしれません。

 

これは企業内でも同じで、東京ほどデジタルマーケティングやIT化の動きがなかったりするので、都会で学んだ知識を横展開するだけで評価されると思います。

 

一度、宮崎でウェブマーケティングの先生をやっているという方がいらっしゃいましたが、普通に僕の方が知識がありました。

 

東京でくすぶっているくらいなら、宮崎に移住した方が魅力を発揮できるかもしれません。

 

面白がられる

f:id:nojisho:20150712010440j:plain

イケダハヤトさんを筆頭に地方移住が小さなブームになりつつありますが、それでも移住は圧倒的少数です。さらに言えば、宮崎への移住は中でもさらに少数派となるのではないでしょうか。

だからこそ、移住者は人生設計の観点から見て「変わった人」「面白い人」と見なされると思います。

 

面白い人ほどクレイジーなキャリアを積んでいたり、凡人には考え付かないような角度から人生設計をしているものです。

 

また、移住者は移住先からも、移住を考えている予定者からも面白がってもらえます。

 

宮崎移住して変化
f:id:nojisho:20160725125522j:image

1:車に乗る

 
自分は一生、車なんて乗るもんかと思っていました。
東京にいるときまでは……
 
でも、全く通用しませんでした。
会社で車を使う機会が多くて、出張とかも車になるんですね。
知らなかった!
 
でも、意外と車に乗るのって楽しかったりして、すんなりと馴染めました。
 
ただ、もうすでに2回事故りましたけどね……笑
 
 

2:車を買う

 
自分は一生、車なんて買うもんかと思っていました。
東京にいるときまでは……
 
宮崎にいると、やっぱり車はあると便利ですね。
 
市街地に住んでいるので正直必須ではないです。
必須ではないですが、より楽しく充実した暮らしをしたいなら車は買うべき!と思いました。
 
最初はロードバイク持っていけばちょっとの長距離も可能でしょ!と考えていたのですが、甘かった。
 
宮崎は自然が豊かなので、どんな市街地も山に囲まれています。
なので、平野がずーっと続く関東では可能な
「自転車での長距離移動」がかなりハードルが高くなるんですね……
50キロの移動をしようと思うと必ず山越えが必須です。
 
電車も一応あるっちゃありますが、基本的にそれぞれの駅の付近には何もないので何かしようとなると車での移動が必要になってきます。
 
ちなみに、イケダハヤトさん界隈でちょっと話題になっていた「車を持つのは高いのか安いのか問題」については、「安い」に一票。
 
僕は月に2回100キロの長距離移動をして、
ほかは毎日通勤で10キロ乗っているのですが、ガソリンは2回入れるか入れないかくらいです。
(1回しか入れないことも多いです)
 
よって、ガソリン代は3000円〜5000円のあいだ。
 
車検、自動車保険合わせても1万行くかどうかですね。
全然安いです。
 
 

3:通信教育を受ける

 
ユーキャン的なものです。
 
田舎の会社は割とすぐに帰れるので、それを利用して資格を取ろうと思いやってみました。
 
しかし、なんというか、
あんまりクオリティが高くない……
 
例えるなら、大学の教科書レベルと言ったらいいでしょうか。
 
昭和に作った教材をずっと使いまわしているような感じでした。
 
 

4:高卒の人と働く

 
今までは高卒の人と一緒に働いたことがなかったので、正直どんなもんかわからなかったんです。
 
実際働いてみると、偏差値30台だろうがなんだろうが、小売業の仕事としては全然関係なかったです。
 
漢字が苦手で「かたづけ」を「かたずけ」みたく書いちゃうとか、そういうところはありました。
 
でも正直そんなん見てくれの話であって、仕事のクオリティに大きな支障があるかというとそうでもないですもんね。
 
ただ、勉強に自信がなかったが故のネガティブさは感じます。
 
戦略みたいな難しいことは考えたくないですとか、計算が苦手だからマーケティングとかやろうとも思いませんとか。
 
多分、彼らでも、やろうと思ったらいくらでもできると思うんですけどね。
 
 
それに、大学に行った人だけにある
スケール(≒欲望)の広さってあるんだなって思いました。
 
成長したいだとか、いくら稼ぎたいだとか、キラキラ女子になりたいだとか、そういうハングリーさみたいなものがあると思うのですけど、あんまりそういうのを感じなかったです。
 
家のために、親のために稼ぐとか、
そういう気持ちで働いている人とかが多かったですね。
 
基本的に実家ぐらしなので、家に縛られてるなーってのはすごく感じましたけども。
 
 
自分が親になった時、大学を選択させる自由は与えたいですが、別に大学にいったから仕事ができるとか、そういうのはあんまりないなっていうのが実感できました。  
 

5:適当な服で生活する

これはいいかどうかあんまりよくわからないですけど、とりあえず気軽な服装で外出できるようになりました。
 
田舎って、かなり適当な服装で外出しても大丈夫です。
 
なぜなら、周りもすごい適当な服で外出しているからです。マジで。
 
ポロシャツ2枚重ねとか、見た時びっくりしましたからね……
ダブルポロシャツってそんなファッションあるのかよ……みたいな。
 
なので、服装に気を遣わずに外出できるので、衣服へのコストは大幅に下がりました。
 
ただし、それは衣服への興味関心が下がっていくことによるファッションセンスの低下を招くので、長期的に見たら損失なのかもしれません。
 
東京に行く時逆に気を遣うかも。
 
 

6:虫が多い

 
虫が多いです。
特に多いのはハエ。
 
宮崎県は畜産業が盛んなので、びっくりするくらいハエがおおいです。
 
職場の休憩室でハエが飛んでいるなんて日常茶飯事。普通すぎてみんな無視してます。
 
最初はかなり嫌だったのですが、割りと慣れてきました。
 
あと、ハエや蚊が多いので、その捕食者となるクモも多いです。

 

結論:移住したことによる「激変」はなし

 
自分は宮崎県都城市という地方都市への移住だったので、そんなに大きい変化はなくてですね。
 
変化としては2点で、「車を買ったことによる変化」と「会社が変わったことによる変化」です。これ以外はそんなに変化はないです。
 
何度もいいますが、地方移住するなら都市部がおすすめです。
宮崎みたいな田舎なら、車で20分も走ればすぐ山の中です!

 

宮崎の主要都市は移住しやすいのか?特徴を考えてみた

f:id:nojisho:20170504211523j:plain


宮崎県に移住して1年半。会社員生活も終止符をうち、ついにフリーランスとして動き出す準備を始めている。

www.mochizoo.xyz

 

僕は地元が関東なので、実家に帰ることもちょっと考えた。しかし、当分は宮崎に残って頑張ることにした。宮崎がいいところだからだ(移住して失敗しました、というのは恥ずかしいし……笑)

 

せっかく1年半住んだので、自分が見て知ったナマの感覚で、宮崎県の主要都市について紹介したいと思う。

 

宮崎市

f:id:nojisho:20170424201540p:plain

  • 宮崎県最大の都市
  • でもポール・スミスは大分に行かないとない
  • 宮崎駅は県で唯一自動改札機がある駅
  • 宮崎県最大の繁華街「橘通り」がある
  • 宮崎大学、宮崎公立大学など大学もいっぱい

宮崎市。宮崎県最大の都市で、中心街である橘通りには山形屋などのデパートも集結。片側3車線の道路もあり、都会的な感じを味わえる。駅の前にはヤシの木もはえていて、ザ・南国!と言った感じだ。

 

残念なこととしては、比較的価格帯の安いブランドが中心に揃っていること。いや、言い換えると安いブランドしかない。ビームスとか見に行きたいと思ったら隣県まで行かなくてはならない。会社の人が言うには「ポール・スミスがないから、大分まで車を飛ばしていた」とのこと。そんなにポール・スミスって追い求めたくなるもんか?と思ったが、まあいいや。

 

全国的にも有名な寿司店「一心鮨光洋」があったりする。

isshinzushi.com

 

ちなみに宮崎県最高評価のラーメン店「ラーメンマン」も宮崎市にある。駅からかなり遠く、車必須なのが難点。

www.rarmenman.com

 

 

都城市

関連画像

  • 読み方は「みやこのじょう」、地元民は「みやこんじょ」
  • 宮崎と鹿児島どっちにも行けて便利(≒中途半端でもある)
  • 東国原知事の出身地
  • 「黒霧島」で有名な霧島酒造の本社がある
  • 飲むなら牟田町

 

我らが都城。僕の住んでいる街でもある。薩摩藩の統治下であったため、鹿児島的な雰囲気がある(宮崎市の人が「都城は鹿児島みたいなもんだよね~、とか言うのを聞くこともある」)。車真に載せているのは「関之尾の滝」という観光スポットで、水しぶきが飛ぶ滝の目の前の吊橋を歩いて渡ることができる。写真で見るよりも雄大だ(1回行けば満足)。

 

山に囲まれた盆地なので、夏は暑くて冬は寒い。冬は宮崎市と比較して2,3度違ったりする。それでも関東や福岡よりもだいぶ快適(と、寒いのが苦手な僕は思う)。温暖なので、4月に半袖、5月に短パンでもそんなに浮かない。

 

宮崎市に行くのも鹿児島市に行くのもそこまで変わらないので、遊びに行くときは2つの県の中心都市に行きやすくて便利……と思いきや、宮崎市に行くのは1時間半弱、鹿児島市に行くのは2時間弱かかるので、ぶっちゃけ中途半端とも言える。とは言え、都城でも最低限の買い物はできるので、不自由はしない。でも、LCCのジェットスターが通っている鹿児島空港に行きやすいのは非常に大きいメリット。

 

飲むなら牟田町。牟田町は若干ひなびた感じもするが、それも田舎らしいゆったりした感じと思って楽しんでいる。ワイワイガヤガヤが好きなら東京に住めばいいのだ。ちなみに牟田町は「西都城駅」付近にあるのだが、「都城駅」の駅前はあまり栄えていない。

 

SLFという自然派イタリアンはおしゃれでおいしいと好評。

SLF|in SEASON(インシーズン)|in SEASON(インシーズン)

 

あとは、都城市役所のチキン南蛮が意外とうまいのでおすすめ。

www.mochizoo.xyz

 


延岡市

「延岡市」の画像検索結果

  • 県北の雄
  • 宮崎名物「辛麺」発祥の地
  • チキン南蛮発祥の地でもある
  • もうすぐ大分県
  • 西に行くと高千穂峡

 

延岡市。ぶっちゃけ、県西に住んでいるとほぼ縁がない。よって、延岡を表すなら「もうすぐ大分」「もうすぐ高千穂峡」「チキン南蛮と辛麺の発祥地」くらいしか情報がなかったりする。

 

だが、平日に定時で仕事を切り上げてそのまま旅行に行こう!となると、高速で延岡まで行って1泊し、次の日は朝から大分で温泉巡り……みたいな使い方もできるので、そういう意味で使える都市である。格安のビジネスホテルがないのが悲しい。

 

冒頭にこき下ろしておいて何だが、よく考えるとチキン南蛮と辛麺を生み出すという功績もなかなかのものである。特に辛麺、これは絶対に食べておくべき。宮崎県民なら誰もが知っている「辛麺屋 桝元」でどうぞ。

www.karamenya-masumoto.com

 

www.mochizoo.xyz

 


日南市

「日南市」の画像検索結果

  • サーフィン!
  • 市長が若くてイケてる伸び盛りの街
  • 最近東京の企業のサテライトオフィスが増えてる
  • 巨大なモアイがいる
  • 小京都「飫肥」があったりして観光もできる

 

日南市 。僕の友人が日南市に住んでいるため、ちょくちょく訪れることが多い。

 

正直に言うと、外食にはあまり期待できない。なぜなら閉まるのが早く、うまいものも宮崎市、都城市と比較すると多くないと思うからだ。とは言え、うまいものがゼロなんてことはまったくない。海辺のシャンシャン茶屋は結構評判で、海鮮が新鮮かつ巨大だったりする。

visit.miyazaki.jp

 

日南でアツいのはビジネス方面だろう。最近、30代の崎田市長がすすめる改革が斬新で、イケイケな印象。企業の呼び込み作戦が功を奏していて、アクセンチュア出身者が起業していたり、都内からベンチャー企業がサテライトオフィスを設立したりしている。海辺に支社を持ってるって確かにイカしてるよね。

sakitakyohei.jp

 

観光地として有力な「飫肥」を持っているのも日南市の魅力。この小京都を目指して大量のインバウンドツアーが組まれている。

「飫肥」の画像検索結果

 

小林市

「小林市」の画像検索結果

  • 熊本方面に行く途中に通り過ぎる街(失礼)
  • Youtube動画で有名
  • 「~だどん(~だけれども)」など、訛りが強い
  • 山登り
  • 生駒高原のコスモスが有名

 

小林の印象は、「熊本に行く途中、高速で通り過ぎる街」である。申し訳ないが、そんな感じなのだ。小林だから買えるものもなく、宿泊施設が充実しているわけでもなく、温泉に力を入れているわけでもない(温泉ならもう少し熊本よりのえびの市か、熊本の人吉市に行ってしまったほうが良い)宮崎に住んでいる地元民に小林の印象を聞いてみたところ、「土地勘がないからわからない」と言われてしまった。地元民に土地勘がないと言わせしめるとは、どれだけ僻地なんだ。

 

www.mochizoo.xyz

 

 

ボロクソに言ってしまったが、2016年、小林氏は動画PRに成功して瞬間風速的に有名になった。

 

小林の方言がフランス語のように聞こえることをうまく使った動画であったが、これは言い換えれば「小林の西諸弁は何言ってるか本当によくわからない」とも表現できる。実際、小林のおじいちゃんおばあちゃんの言葉が理解できずに怒られ、それも理解できずにただひたすらに困惑したこともある。

 

困って宮崎の友人に助けを求めたが、「俺小林の人間じゃないからわからない」と逃げられた。ちなみに友人の出身地と小林は40キロくらいしか離れていない。それくらい、ここの方言はカオスなのだろう。僕はロスト・イン・トランスレーションという少し前の映画を思い出した。

 

思い出したようにいうが、小林が賞賛の目で見られるタイミングがあった。それは秋のコスモス畑である。毎年、小林の生駒高原のコスモス畑が秋になるときれいなのだ。

「小林市」の画像検索結果

 

宮崎移住楽しいよ!

僕は都城市にいる理由があまりなくなったので、これからどこにしようか迷い中。移住者だから、どこに住んでもいいし、フリーだから、会社に縛られることもない。

 

移住したいけど仕事は見つかるの……?

僕は運よくヘッドハンティングという形で地方の仕事を得ることができました。しかし、「地方」からの「ヘッドハンティング」ってかなり稀なケースだと思います。移住したくとも、実際に仕事は見つかるのでしょうか?

 

田舎暮らしにあこがれるなら、地方創生プロジェクト から登録してみるのもいいかもしれません。例えばここで探せる地域おこし協力隊などは、地域によってさまざまな人材を募集していますので、地域で自分の力をうまく発揮する仕事探しに役に立ちます!

 

ぜひ登録してみてお仕事を探してみては。移住、楽しいですよ!

 

<PR>