もちもち動物園

楽しい働き方研究ブログ。第二新卒転職→ブラック企業勤務→宮崎移住。

転職とは?

スポンサー広告

f:id:nojisho:20150712013636j:plain

転職とは?

転職とは、一言で言うと「仕事を変えること」です。仕事を変えるというのは2つに分けることができます。

 

会社を変える:A社からB社へ転職する

職種を変える:営業からマーケティングへと転職する

 

ただし、一般的に転職というと、前者、すなわち「会社を変える」ということに捉えられがちです。

 

転職の原因は?

転職というのは、「今いる会社を辞める」ことと「新しい会社に入る」ことから成ります。では、転職の原因、すなわち会社を辞めるきっかけとは一体何なのでしょうか。これについては個人差があることなのですが、大きく分けると2つに分割することができます。

 

自主都合での転職:スキルアップをしたいから、より良い会社に入りたいから

会社都合での転職:会社がリストラ等を決行したことにより、会社を変えざるを得なくなってしまったから

 

基本的に、正社員雇用であれば、会社は人を簡単に辞めさせることはできません。なので、正社員で一般的なのは前者の自主都合での転職(退職)となります。

 

転職の目的は?

転職の目的は人それぞれありますが、マズローの段階欲求説に寄せる形で、3つに分けて説明したいと思います。

 

転職の目的は下記のようにわけられます。

生きるため(生存欲求):働かないと食べていけないから、最低限の生活費を確保するために転職したい

ちやほやされるため(社会的欲求):ブランドのある会社、より知名度の高い会社に入るために転職したい

自己実現のため(自己実現の欲求):実現すべき社会を作るため、世界をより良くするために、それが可能な会社に転職したい

 

例えば社内で暴力行為を働いてしまい解雇されてしまったAさん。彼は貯金がなく、毎日の食にも困るような生活をしています。その生活を打開するために転職を始めるのであれば、生存欲求を満たすための転職と言ってもよいでしょう。逆に、自分の暴力行為をくやみ、会社の福利厚生を充実させるサービスを得る会社に転職したいと考えたのであれば自己実現のための転職と言えます。

 

転職をするために必要なこと

前職の退職手続きをすることと、新しい会社のための入社手続きをすることは必須です。そして、それ以上に大切なのが転職試験に受かることです。筆記試験や面接等を勝ち抜くことで、新しい会社に入る権利が与えられるのです。

 

また、以外に見落としがちなのが、現職の引き止めや引継ぎです。引き止めに関しては、あなたが優秀であればあるほど強くなってきますので、うまく説得する必要があります。ただ、もしかすると続投による賃金アップなどの好条件を提示してくることも無くはないので、条件に寄っては転職せずに終わることも有るかもしれません。

引継ぎとは現在自分が持っている仕事を他人に渡すことで、殆どの場合発生します。この時、自分以外の人間でも自分がやっていた仕事を扱える状況にすることが重要なので、面倒くさい上に1ヶ月以上の引継ぎ期間を要します。