もちもち動物園

楽しい働き方研究ブログ。第二新卒転職→ブラック企業勤務→宮崎移住。

MENU

よなよなエールはコンテンツマーケティングで勝っている

スポンサー広告

この前の旅行記事で書いたよなよなエールですが、調べていたら売上増大、会社急成長中らしいですね。

 

diamond.jp

 

なぜ売れているかというと、「コンテンツマーケティングによって距離感を保つ」のが上手だからだと思います。

 

ビールを飲みたいと考えた時に、一番そばにいるのがネットで触れ合っているヤッホーブルーイングだから、よなよなエールを買う。この「一番そばにいる」方法がうまいから、勝てているのです。

 

メルマガやイベントは売上を上げるためというよりも、「共感を生むコンテンツ」や「ファンが参加する器」としての意味合いが強いです。そうした踏み台を作っていくことにより、ファンが育ちます。

f:id:nojisho:20150710025243p:plain

引用元:【電通】SIPS

 

Webでのマーケティングにおいて、認知→購買に直結すると思っている人が多い(特に中小企業のオジサン)ですが、実は全然そんなことはなくて、Webだからこそ、距離感の測り方って大事。