もちもち動物園

楽しい働き方研究ブログ。第二新卒転職→ブラック企業勤務→宮崎移住。

MENU

行きたい企業が複数のサイトに載っていた場合は迷わずWantedlyに応募しよう

スポンサー広告

行きたい企業の応募情報が、複数のサイトに載っていることってありますよね。

そういうとき、もし応募したい企業がWantedlyに載っていたら、そこから応募してみるのが良いと思います。

 

Wantedlyは敷居が低いので応募しやすい

 

まず、Wantedlyは敷居がとにかく低い。

選考なしで会社の人と話せるので、会社の説明も超・基礎的なところからしてもらえたり、新卒がもらっているパンフをもらえたりもします。選考についての案内も、最後に「こんな会社ですけどどうします?選考受けます?」的なフランクな感じで選考に誘われるくらい。とってもおすすめです。

 

仮に応募して企業から返事が来なくても「選考落選」扱いにはならないので、その時は別のメディアから応募すれば良いだけです。

 

Wantedlyからだと、選考をパスしやすい

Wantedlyの場合、「選考なし」という名目で「会社の人と直接話せる」ので、場合によっては特別なフローで選考してもらえたりします。書類選考なしで面接に行けたり、別のポジションを紹介してもらえたりと、コミュニケーションが相当柔軟です。

 

実際僕もWantedlyから応募した企業に会いに行ったのですが、流れがかなり面白くて、

 

  1. Wantedlyでアイデアソンに応募
  2. 同じ企業の別のイベントに、Wantedlyから応募
  3. マネージャーの方から中途採用に誘われる
  4. 「雑談・情報交換」という形式で、面談設定
  5. メディア編集長と、マーケティング責任者も話したいと言ってくれて、大勢でしゃべることに

 

こんな感じになっています。ここで、編集長や責任者に気に入られたら、選考は半分通ったものだと思います。

 

上記のように、イベント伝いで会社に言ってみてコネをつくり、その人経由でポジションを紹介してもらえたりしても良いかもしれません。


 <a href="https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2HQGF5+8TC27M+33T0+BY641" target="_blank">

<img border="0" width="350" height="240" alt="" src="https://www23.a8.net/svt/bgt?aid=150720161533&wid=001&eno=01&mid=s00000014490002007000&mc=1"></a>

<img border="0" width="1" height="1" src="https://www15.a8.net/0.gif?a8mat=2HQGF5+8TC27M+33T0+BY641" alt="">

<転職成功のためののおすすめ記事>

1ヶ月で内定できる転職・就活必勝法1:面接は午前中に予約するべき! - ブラック企業デスマーチ:それでもブラックベンチャー企業で働く理由

 

「手書きの履歴書持参」の面接で、履歴書を準備できなかったときの対処法 - ブラック企業デスマーチ:それでもブラックベンチャー企業で働く理由

 

【第二新卒がインターンすべき5つの理由】 - ブラック企業デスマーチ:それでもブラックベンチャー企業で働く理由

 

【落としたことを後悔させてやる!本命の面接に落ちて諦めきれない時は】 - ブラック企業デスマーチ:それでもブラックベンチャー企業で働く理由

 

第二新卒で内定するのはラクだ! - ブラック企業デスマーチ:それでもブラックベンチャー企業で働く理由

 

会社が広報強化してる時期に転職すると、オファーが爆増する - ブラック企業デスマーチ:それでもブラックベンチャー企業で働く理由

 

面接で出されたお茶や水は飲む?飲まない? - ブラック企業デスマーチ:それでもブラックベンチャー企業で働く理由

 

面接のスケジュール管理はGoogleカレンダーを使うと便利 - ブラック企業デスマーチ:それでもブラックベンチャー企業で働く理由

 

カイジに学ぶ、就活で大事な能力 - ブラック企業デスマーチ:それでもブラックベンチャー企業で働く理由

 

面接で失敗した後の反省!面接の質問のPDCAの回し方 - ブラック企業デスマーチ:それでもブラックベンチャー企業で働く理由