読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もちもち動物園

楽しい働き方研究ブログ。第二新卒転職→ブラック企業勤務→宮崎移住。

MENU

ブラック企業社員が半年ぶりに我が家に帰ったら、、、

f:id:nojisho:20100202083213j:plain

ブラック企業に勤めていると、基本的に家に帰ることができない。

 

僕は田舎の実家住まいなので、23:26が終電である。

しかし、22:00になっても追加タスクがあったり

24:00に会議が「開始」したりするので、

24時間営業のメンズサウナに泊まったりしてなんとか過ごしている。

 

最近25:00までに家に帰ることがルール化されたので、

「朝4:00になっても社員の3分の一がオフィスに居る」

「内定者が床で寝ている」

「新卒が家に帰れなさすぎて親からクレームが来る」

「歩きながら寝ていたら電柱に顔をぶつけてけがをする」

という事態は少しずつ改善されていくことだろう。

しかし、それで帰宅時間が改善されたとしても、

僕は家に帰ることができない。

なぜなら終電が23:26だから、、、

 

さて、そんな僕でもこの前の日曜日、

実家に帰ることができた。

実に、半年ぶりの我が家である。

 

1:湯船に入って携帯を見るのが非常に心地よい

f:id:nojisho:20060717182009j:plain

どうでも良いサイトをスマホで見ながら風呂にはいるのが、

ここまで気持ち良いとは知らなかった。

 

あまりにも気分がよかったので、気づいたら1時間半も風呂に入っていた。

 

2:母親が、ばあちゃんみたいに優しくなっている

f:id:nojisho:20141122142647j:plain

異常に優しくなっていた。

そして、ものすごく老けていた。

 

3:朝出発するときに、手土産を持たせてくれる

f:id:nojisho:20141122142313j:plain

おにぎりを持たせてくれた。

高校時代を思い出す、、、

 

4:「死なないでね」と言われ、心配される

f:id:nojisho:20141122142301j:plain

やたらと体のことを心配されたのだが、

そのあまり「死ぬなよ」「死なないでね」

と、かなり心配された。

 

 

正直努力をすれば帰れないこともなかったのだが、

帰らないことでここまで心配をかけているとは知らなんだ、、、

ブラック企業にお勤めの皆様、早く家に帰れるといいですね、、、