もちもち動物園

楽しい働き方研究ブログ。第二新卒転職→ブラック企業勤務→宮崎移住。

W社、Q社1次面接】 2014/02/13

スポンサー広告

やりたい仕事とは何なのかがいまだに見つからない。

 

キャリアプランをつくっているとき、いつもうそ臭いなあと思いながら書いている。

熱狂できる仕事とは何なのか。

 

そう思って一番熱狂的な仕事をしているだろう(と、ある社長から言われた)孫正義について調べてみると、そのエピソードに愕然とする。

wikipedia孫正義欄から既にオーラが出ていた。

孫正義 - Wikipedia

 

孫正義がアメリカに渡ったときのように、企業向けにプランを作って売り込んでみようか。

彼はシャープに自動翻訳機を売込んで得た資金1億円を元手に、米国でソフトウェア開発会社を設立した。

とてもエキサイティングだと思う。

 

多分、いちばんおもしろいのは自分で作った仕事なのだ。あと、自分で作った会社。

 

やったこと

  • W社1次面接
  • Q社1次面接

W社の筆記が通り、1次面接。あの筆記は新卒の場合、9割落ちるらしい、、、

あな恐ろしや。そんなWでしたが、せっかく筆記に受かったのに見事に面接で焦ってしまった。

 

内容は非常に一般的。学生時代の就活軸、退職理由、今後のキャリアプラン

キャリアプランがあやふやなせいで、かなり焦りまくりの面接になってしまった。

なぜ行きたいのかが明確に語れない、、、

 

Q社は副社長との個人面接。知的で、思ったことをズバズバ聞いてくる。少しでも矛盾があれば突っ込んでくるような面接スタイル。

業務の環境について、非常に詳しく聞かれた。それこそ、今までで1番だと思う。

 

最後に事業の説明がちょっとあり、終了。

 

ご飯

 
f:id:nojisho:20140214103444j:plain
 
f:id:nojisho:20140214103502j:plain
 
お昼は天やの早春天丼。
夕飯はオムライスをいただきました。
 
カブってこんなにうまいのね。
知り合いの農家さんから頂いたピーチかぶというのを食べてみたんです。
 
もものようにとろける食感がもう、ほんとに美味。
豚汁に入れて頂いたのですが、生でもおいしく食べれるそうな。