読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もちもち動物園

楽しい働き方研究ブログ。第二新卒転職→ブラック企業勤務→宮崎移住。

MENU

転職活動1日目:インテリジェンス(エージェント)

やったこと:キャリアカウンセリング

学んだこと:「今の会社はおかしい?」と思っていることを誰かにぶつけられるのは精神的にとてもよいことだ。

 

会社を終えて、初めての面談にいってみました。

 

エージェント会社はインテリジェンス。転職を決意してDODAに登録後、会社側から突然電話がかかってきたのです。

内容は「キャリアカウンセリングにきてほしい」とのこと。

 

なんだって、、、

そもそもキャリアカウンセリングとはなんぞや。

よくわからないけどとにかくカウンセリングをタダでやってくれるらしいのでOKしました。

 

さて、仕事を終わらせて東京駅の丸ビルへ。

3人もいる受付嬢に案内されて応接間に到着。

まもなく担当者の方がいらっしゃいました。

 

簡単に挨拶を交わしつつ、面談。

学生時代の頃からヒアリングしてくれるので、出場したビジネスコンテストのこと、創設した環境系の団体のことなどを新卒時のそのまま話していきました。

 

カウンセリング担当者も早期退職というのはなかなかネックになっていたようなので、あんまりぱっとした案件はなく、、、

「とりあえず受けてみたらどうですか」と、ざっくばらんな提案をされました。笑

 

生まれてはじめて求人票を手渡され、面談終了。

 

 

この面談で思ったのは、案件の質がどうこうというのはともかく、

今の悩みを吐露することで気が楽になったということ。これが一番の収穫でした。

 

当然上司には相談できないことですし、会社の同僚にも当然はなせません。9時を回っていたにもかかわらず本当に気が楽で、スキップしながら帰りたくなるほどでした。

 

そして、面談の内容を振り返り「あ、これは面接の練習になるな」と思い、エージェント会社からお誘いが来たら断らずにホイホイついていくことにしようと思いました。

 

というのも、今回の転職がマイナス方面からの出発(現職の会社が嫌なのでやめる)だったので、次にどんな会社に行きたい、というのがそこまで明確ではなかったからです。

だから、イメージを明確化するためにもいろんな人に自分の気持ちを吐露することが重要だと考え、たくさんのエージェントとお話するようなスタイルを取りました。

 

とは言え、エージェントも営業マンなので広くおすすめできる方法ではありません。たまに、凄まじくしつこい方、いらっしゃいます。