読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もちもち動物園

宮崎移住しました。ブラック企業ネタ、転職(第二新卒)のコツやノウハウ、マーケティング、ラーメンについて書きます。

MENU

転職先はブラック企業第18話「持株会の出資額」

 「書類 サラリーマン」の画像検索結果

前回の記事はこちら

www.mochizoo.xyz

 

 

持株会の出資額は満額きっちり

宴会の翌日(メンズサウナから出てわずか4時間後)の朝礼。社長から、改めてIPOの話があった。

 

IPOについては、下記の引用元を読んでほしい。

 IPOとは、Initial Public Offeringの略語で、日本語に直すと「新規公開株」とか、「新規上場株式」となります。具体的には、株を投資家に売り出して、証券取引所に上場し、誰でも株取引ができるようにすることをIPOといいます。

IPOとは?より

 

「ようやくうちの会社も軌道に乗ってきた。で、昨日も言ったけど、上場ね。3年後の春に上場を目標にして行こうと思う」

 

おお、と声があがった。地べたをなめるようにして這いつくばって生きてきた創業当時のメンバーから漏れる、感嘆の声だ。

 

「そこで、俺らは社員持株会を発足する。お前らが働いているこの会社に、自分自身で投資する訳だ。もちろん、投資されるお金は会社が大きくなるための資金として運用される。IPO時の金銭的リターンと、会社の成長というリターン。2種類のリターンが用意されていることを理解しておけ」

 

会社の成長を自分の成長とせよ。戦後間もなくの起業家がいいそうな、もっともらしく、正しそうな言葉。そんなことは、正直どうでもいい。それより金だ。金がほしい。

 

「これから持株会の書類を配る。名前とか、ハンコを押す場所とか、色々あるから間違えるなよ」

 

経理のギャルの姉ちゃんが書類を配っていく。薄いオレンジ色の、複写式の薄いカーボン紙だ。このペラペラな紙に、僕はこの会社に入り、働き続ける意味を込めるのだ。

 

「そうだ」

 

社長が立ち止まる。書類にペンを走らせていた社員が一斉に前を向く。

 

「出資額は、月額最高で10万。でも、お前ら10万くらい引いても生活できるよな。じゃ、そこんとこよろしく」

 

一部の社員の顔が歪んだように見えた。そんなことは気にせず、社長は自分の机に戻り、週刊少年ジャンプを読み始める。社員はそれぞれ、書類の執筆に戻った。

 

「しょうきちく~ん」

 

マゾ彦だった。泣きそうな顔で、僕に近づいてくる。

 

「10万なんて、俺には無理だよ~」

 

「そんなこと言われても。節約すればいいじゃん」

 

「俺の家、家賃8万なんだよ~。手取りからさらに10万ひかれたら、月4万で生活しなきゃならないよ~」

 

「十分だろ。とりあえずコンビニの飯やめればいいじゃん。明日から自炊だね」

 

「無理無理~!はい無理~!10分でもあったら顧客フォローのメール出さないと、社長に殺されちゃうよ~」

 

本人は悩んでいるようだが、間の抜けた声のせいであまり切羽詰ったように聞こえない。もしこいつが「出資額:5万」なんて書類をだそうものなら、確実に1時間は説教だろう。会社のために頑張れないのか?って。

 

「私は3万にする。10万円なんて、そんなに出せないもーん」

 

金髪をゆらしてギャル社員が言う。おそらく、ギャルが金を出さなくてもお咎めはないだろう。悩むべきは、俺ら男の方。格差社会だ。

 

僕はと言うと、迷わずに出資額を10万円にしてサインする。IPOという賭けに全プッシュして、勝ち抜けるのだ。

 

全員の書類の提出が完了したところで、一部の社員が面談室に呼ばれていく。きっと、10万円きっちり出資できると書けなかった社員だろう。うなだれながら帰ってくる様は、きっと、満額きっちりの10万円に出資額を書き換えられたからに違いない。

 

PR: IPOとブラック企業に関する書籍

 

ブラック企業 日本を食いつぶす妖怪 (文春新書)

ブラック企業 日本を食いつぶす妖怪 (文春新書)

 
ブラック企業2 「虐待型管理」の真相 (文春新書)

ブラック企業2 「虐待型管理」の真相 (文春新書)

 
ブラック企業経営者の本音 (SPA!BOOKS新書)

ブラック企業経営者の本音 (SPA!BOOKS新書)

 

 

 

ブラック企業勤務に疲れたら

www.mochizoo.xyz

 

「転職先はブラック企業」まとめ

www.mochizoo.xyz

 

転職先はブラック企業第17話「ブラック企業のIPO」

f:id:nojisho:20170427142759j:plain

 

 前回の記事はこちら

www.mochizoo.xyz

 

 

宴会終了後、メンズサウナへ

僕らの地獄の宴会は無事、ホテルから出禁を食らう形で終了した。ローションや生クリーム等で床をベトベトにして汚した罰である。

 

ゴミあさりでもしたかのように汚れている僕らは、そのまま歌舞伎町のメンズサウナへと向かった。ビルに入ると、挨拶をしようとした中国人の店主が顔をしかめる。店主はホームレスでも見るかのような汚い目線で、一人1200円の料金をむしり取っていく。

 

「ようやく終わったね~」

 

マゾ彦が気の抜けたようなしゃべりで話しかけてくる。ああ、その通りだ。やっと終わった。この1ヶ月ほど、宴会の準備とクレーム対応でろくに眠れていない。ようやく、一息つけそうなのだ。

 

「ああ、そうだね。ようやく終わった」

 

クリームの油でベトベトになった体をあたたかなシャワーで洗い流すのは心地よかった。ほんの短い時間だが、会社から、仕事から、解放される気分になる。これなら1200円も安いものだった。1日の中で、風呂に入れる時間が一番心地よい。

 

ブラック企業とIPO

湯船に入ると、マゾ彦が話しかけてくる。

 

「株の話さ~、どう思う?」

 

「株?」

 

「聞いてなかったの?株式公開の話だよ~」

 

「IPOか。宴会の前にしてたよな、そんな話」

 

「うちのクライアントのガッツ・コーポレーション社の取締役の中島さんっていると思うんだけどさ~、あの人、IPOで億単位で儲けたらしいよ~」

 

「何だって」

 

ガッツ・コーポレーションといえば、やり手の人材系企業出身の社長が起こした急成長ベンチャーだ。創業から10年足らずでマザーズ上場、一部上場と株式市場の階段を三段飛ばしで駆け上がっていった。中島は創業当時から社長を手伝い、人事絡みで次々と成果をあげていた結果、30代半ばで取締役に抜擢された経歴を持つ。

 

創業当時の生活はそれこそブラック企業のそれであったが、今ではIPOで儲けに儲けた上場企業の取締役だ。キャッシュもあれば、ポジションもある。ブラック企業の生む億万長者。

 

「乗ったもんだね、ビッグウェーブにさ」

 

「僕なら10分の一でももらえたら嬉しいよ~」

 

「1000万か。1000万、か……」

 

ブラック企業社員はIPO株の夢を見るか

1000枚の束になると、1万円札にはどんな厚みがあるのだろうか。そして、それを生み出すIPO。僕らがこのブラック企業で頑張りぬくための、希望の光。

 

社長もうまいものだと思う。長時間労働で消耗する僕らに、ちゃんと餌をまいてくれる。IPOで儲ければ、今までの払われてこなかった残業代なんて目じゃない。お釣りがくるほどに金が入るのだ。

 

「決めた。俺は、できるだけIPOにぶっこむ。10万だ。毎月10万を社内持ち株で払い続けて、目一杯リターンをもらう。せっかくこの会社にいるんだ。チャンスは逃したくない」

 

「は、10万?毎月払うんだよ~?」

 

「それくらいしないとこの会社にいる意味はない。絞られた分、全部取り返してやるんだ。IPOまで頑張り抜いて。マゾ彦、これは賭けだよ。こんなブラック企業で働いていて、何もリターンがないなんて嫌だ。最後に儲けて、ブラック企業に勤めたことを正解にするんだ」

 

砂漠の旅でオアシスの情報を聞きつけた冒険家のように、僕は生気を燃やしていた。金を勝ち取ってやる。それまで頑張り抜くんだ、このブラック企業で。

 

僕らはサウナに入って、めちゃくちゃに汗を流してからビルを出た。IPOのことだけ考えていたら、熱気の中でも永遠に我慢できるような気がした。麻薬でもやっているかのようだ。実際、僕は20分間サウナに耐え続け、その間にマゾ彦はサウナに入るのと水風呂に入るのを2往復した。

 

PR: IPOとブラック企業に関する書籍

IPOをやさしく解説! 上場準備ガイドブック(第2版)

IPOをやさしく解説! 上場準備ガイドブック(第2版)

 
ブラック企業 日本を食いつぶす妖怪 (文春新書)

ブラック企業 日本を食いつぶす妖怪 (文春新書)

 

 

ブラック企業勤務に疲れたら

www.mochizoo.xyz

 

【無料】第二新卒の自己分析サポートはじめました。

ども!

しょうきちです。

 

無料で自己分析サポートやります

 

この度フリーランスになることを決めたしょうきちですが、その中で「自己分析サポート」をやっていくことにしました。料金は無料です。この機会にぜひ!使ってみてください。

 

自己分析をサポートする経緯

 

僕は3年前から転職についてブログを書いています。特に注力しているのは自己分析についてで、自己分析が一番大事だと思っています。ブラック企業、人事職を経てその思いは強くなり、自己分析についてサービスを出したいと思ってきました。

 

その中で、自己分析について宮崎大学でお話させていただく機会をもらい、先日200人の前でしゃべってきました。

学生時代に30人くらいの学生の就職相談に携わってきました。宮崎に来てからも、です。色んな学生がいました。大学院に進んでいいのか迷っていたり、内定がとれなかったり。

 

面白いのは、話を聞いてみるとみんな魅力的で優秀だということです。お世辞ではなく。ただ、自分の魅力をどう出せばよいかわからないだけ。もやもやしているだけ。

 

そんな相手のやりたいことを覆い隠してるもやもやを取り払って、相手が「そうそうそれやりたい!」みたいになるのが一番気持ち良いんですよね。

 

僕の強みはそのもやもやを取り払うときに「じゃあこうすればよいじゃん!」って結論を急がないこと。情緒的なものに鈍いから、ちゃんと聞こうとできる。だから、やりたいことの理由をちゃんと見つけた状態で送り出せるのだと気づきました。

 

その結果、

  • 面接無敗、内定6社
  • 4年の9月まで無い内定→面談後2週間で内定
  • 悩んでいた就職先の判断に僕の意見を採用

みたいに、学生の芽が出る瞬間を見られたこともあり。とてもうれしかったです。

 

宮崎大学で「自分の夢」をプレゼンをしてきました - もちもち動物園より

 

なので、自己分析をすることで人の「できない」をなくすことが、僕の価値だと思っています。

 

自己分析サポートのサービス内容

サービスは下記のとおりです!

  • 自己分析サポート(メイン)
  • 職務経歴書へのアドバイス
  • 会社選びのアドバイス

 

条件:転職エージェントを2社以上登録して使ってください

エージェントを複数登録するのって結構重要で、

 

  • 案件供給数が安定する
  • 自分の評価が多角的になる

っていうメリットがあります。

(あと、アフィリエイトで僕にお金が落ちて僕が食いっぱぐれないってのもあります)

 

正直に言うと、パートナー企業なので、登録して使っていただけると僕に紹介料が落ちる仕組みなのです。

 

 

第三者である僕もサポートするので、「エージェントさんの言うこれってそうでもないよ」とか「もっと強みがあるからこのポイント出してみなよ」みたいに言えると思うんですよね。

 

また、エージェントさんも全力でやってくれるとは思うんですけど、どうしても自己分析を手伝ってくれる時間がなかったり。なので、僕がちゃんと軸をもって仕事探しができるようにサポートします!

 

マイナビジョブ20’s 

大手マイナビがやっているサービス。案件数は相当多いはず。

関東・東海・関西を中心に広くサービス展開をしているので、関東住まいじゃないからダメかな……って言う人もチャレンジできます。

 

ハタラクティブ

東京のベンチャー企業、レバレジーズのサービス。レバレジーズは就職サービスを多数手がけているので安心感が持てますね。

 

 

第二新卒ナビ


日本で唯一キャリアカウンセラー全員が元既卒・第二新卒です。

同じ経験をしているからこそ、失敗をしない就職活動をするためのノウハウを伝えられます。

とありますが、これは全面同意。第二新卒の心理的不安も戦法も、経験しないとわかりません。ちなみに当ブログから1番多く申し込んでもらってるのがこのサービスです。

 

いい就職.com

東京・横浜・名古屋・大阪に拠点を持っています。

 

申し込み方法

上記の転職エージェントサービスに申し込んでいただいた完了画面をキャプチャしていただき、お名前を添えてpsycheworks9096@gmail.comまでお送りください。

 

もしくはツイッターアカウントのダイレクトメッセージでも大丈夫です。

 

自己分析の参考記事

なお、自己分析が大事というのは下記の記事でメタクソに書きました。良ければこちらも参考に。

www.mochizoo.xyz

www.mochizoo.xyz

www.mochizoo.xyz

 

【上場企業人事経験者が語る】就活で甘えている人間は糞。

「泣く」の画像検索結果

就活で甘えるな

 

就活で嘆く女子大生。この思考はなぜ危険なのか。

 

それは、勉強量と面接時のポイントが比例すると思い込んでいるからだ。(ちなみにこの漫画の原作は知らない)

 

好かれるポイントではなく、自分がこだわるポイントで勝負するのは愚か

これは恋愛に置き換えると、わかりやすい。

 

ある女性が男性に振られてしまった。彼女は嘆く。

たくさんメイクの勉強したのに、かわいくなったのに、なぜ好きになってもらえないの?

さて、なぜだろう。

 

答えは簡単で、相手のことを考えていないからである。いや、正確に言えば、抑えるべき相手のツボを見誤っているからである。

 

メイクの練習をしても、相手が容姿のことなんて特に気にしない人なら、評価されないポイントをひたすら上げているだけということになる。メイクが濃くなりすぎてケバくなっていたらむしろマイナス評価だ。

(そもそも、高嶺を目指しすぎているから好かれない可能性もあるが)

 

冒頭の女子大生も同じで、評価されるべき点で勝負できておらず、自分の努力量だけをおしつけるようでは成果=内定はない。

 

面接において、学生として評価されるなんて大間違い

メタクソに書いたが、冒頭の彼女の主張はわからなくもない。「学生として」評価されるべきは、たくさん勉強をした彼女であるべきだ。ただし、「会社で使える人材として」評価される人は、勉強量とは全く関係がない。彼女の甘さは、社会人としての適性を評価する面接という場に、学生として評価されたいという気持ちで全力でぶっ込んでいることだろう。

 

繰り返すが、面接は、社会人としての適正を見る場所である。だから、学生時代に努力した点において、社会人になったときに使えるスキルを見いだせなければならない。

 

相手を笑わせたり、いい気持ちにできるなら、立派な社会に通用するスキルだ。チャラ男であろうと真面目だろうと関係ない。飲み会ばっかりやっていても授業に出席していなくとも関係ない。これを直視できなければ、ずっと悲劇のヒロイン的に内々定を悔やむしかない。

 

 

努力の方向を間違えたら意味がない

就活の甘えということで、もう一つ例をあげようと思う。Yahoo知恵袋にあった就活の悩み相談である。

 

私は就活で甘えているのでしょうか?

現在就職活動中の大学4回生です。
私は現在未だにどこからも内定を得ていません。
やはり私に甘えがあるから内定が取れないのでしょうか。

就職に行き詰ってしまった為、質問させていただきました。

今までの就職活動を記載させていただきます。

・学歴は関関同立で商学部 企業経営を研究しています。サークルではリーダーを務めていました。
・今まで受けてきた企業は、自身が関わりたい業界を大手から中小企業まで受けてきました。
・エントリーして面接を受けた会社は60社を超えています。
・東洋経済、日経ビジネス、ダイヤモンドは毎週欠かすことなく読んでいます。
・企業の情報を得る媒体は、リクナビをはじめとする媒体から、ハローワーク、就職斡旋業者まで広く利用しています。
・履歴書の添削や、面接の練習は大学のキャリアセンターやハローワークを通じて、40回以上行っています。
・面接官の方からは、元気がよく、弁が立つと言われることが多いです。
・面接を受ける前には、日経新聞を利用し、業界に関する過去5年以内の情報を集め、IR資料も読み込み、OB訪問を行い情報を集め面接に挑みました。
・就職活動中心の生活によって体重を増やさない為に、毎日ランニングと筋トレを行っています。
・TOEICが550点しかない為、向上の為に毎日2時間以上勉強をしています。

内定が取れないのは自分自身が未熟だからと考え、自分を変える努力を8ヶ月続けてきました。
仕事に対する情熱、向上心なら、現役の社員の方にだって負けません。
それでも結果に繋がらないのが悔しいです。
面接では営業利益がわからない社員に、不合格の烙印を押されたりもしました。


知恵袋を拝見させていただくと、内定が取れないのは学生が甘えているからだと回答が多く見受けられます。
自分自身、就職活動において考えうる努力は可能な限りしてきました。自分も変えてきました。
それでも私は社会に甘えているから内定が取れないのでしょうか?

私は就活で甘えているのでしょうか? - 現在就職活動中の大学4回... - Yahoo!知恵袋

 

僕は指摘すべき点が1つあると思っている。

 

努力の仕方が「範囲」「量」「回数」を増やすことに偏っている

 

という点だ。

 

彼女の戦法は、カバー範囲をめちゃくちゃに広げ、練習も実践もとにかく数を当たる。それにより、

  • 技術において「量を以て質に転化する」ことを信じ
  • 「下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる」的に結果を求め

なんでもいいからまずは内定を取ろうというものだと想像できる。

(なお、個人的には「関わりたい業界」という表現がかなり抽象的で危ういと思うのだが、これは情報がないのでおいておく)

 

 

 

想像の部分が強いが、この戦法における欠点は、小手先の戦法に終始している点だ。本質的な戦力強化に至っていない。だから、落ちる。

 

彼女が本当にすべきは、業界分析の前に自己分析である。経済誌をいくら読み込もうとも、戦える武器はそうは増えない。せいぜい「最近の気になるニュースは何か」という、そこまで重要ではない質問において、少し精度が高まるくらいだろう。たくさんランニングをして体型維持に努めたところで、何が変わるのだろうか。

 

小手先の経済知識をどれくらい詰め込んだかより、体重が2,3キロ減量できるかより、彼女がどんな人間かを明確に言えたほうが、よっぽど強い。面接官はそっちの方が、ずっと興味がある。

 

主砲は自己分析によって磨かれる

軍艦で言えば、ニュースの知識など、パラパラうるさい機関砲である。当たっても当たらなくてもそう痛くない。その一方で、自分自身の話は主砲に値する。主砲のインパクトがどれだけあるか、どれだけうまく当てられるかで、戦いの結末は変わる。

 

内定のとれていない知恵袋の彼女は、自己分析について書いていない。自己分析に関わるような記述もない(もしかしたら、説明がしづらいから書いていないだけかもしれないが)。

 

彼女のすべきは一つ。ランニングも経済誌も放り出して、学生時代の活動でどう頑張ったかを、練りに練って書くべきだったのだ。

 

去年、就活の自己分析にのった女子学生がいた。彼女は長い間内定がなかったが、自己分析をした途端に一瞬で内定をとった。本当に目覚ましいスピードだった。彼女は非常にコミュニケーション能力の高い女性だったが、惜しいことにそれを自身で知らなかった。その上、志望業界でコミュニケーション能力が評価されることを知らなかった。

 

彼女のスキルとしてのコミュニケーション能力と、志望先で出現するコミュニケーションの場。それをつなげた途端、彼女はいとも簡単に内定した。いや、むしろ受かって当然だったと思う。

 

傍から見れば、本当にコミュニケーション能力の高い有能な学生であることはわかっていた。あとは、それを面接官にわかってもらうために、自己分析を済ませて強みを伝えるだけである。

 

何が必要とされるかを見極めて、自己分析。決して甘えない

何が必要とされているかを見極めて自己分析し、自分の強みを相手にぶつけることができれば勝てる。決して努力量に甘えてはいけない。マシンガンを乱射したところで、大砲の一発には勝てないのだ。勝てる一点を見極めて、集中する。決して諦めない、甘えない。それが就活の成功の鍵だ。

 

 

もし、面接の「スキル」で悩んでいるとしたら、

自分の経験で恐縮ではあるが、このエントリーが参考になるかもしれないので、面接で悩んでいる人は読んでいただきたい。

www.mochizoo.xyz

 

もし自己分析で悩んでいるのなら、下記のサイトで自分が自己分析支援をやっているので、参考にしてほしい。500円で自己分析のサービスもやっています。

psycheworks

 

就活参考書籍

 

絶対内定は自分も使っていました。これに投資する2000円は、絶対に10倍、100倍になって帰ってくる。

絶対内定2018―――自己分析とキャリアデザインの描き方

絶対内定2018―――自己分析とキャリアデザインの描き方

 
絶対内定2018 面接

絶対内定2018 面接

 

 

新卒の就活にも使える記事まとめ 

 

www.mochizoo.xyz

 

www.mochizoo.xyz

www.mochizoo.xyz

www.mochizoo.xyz

www.mochizoo.xyz

 

 

ピラミッドストラクチャーについてまとめてみた

ピラミッドストラクチャーでいいたいことを明確に

ロジカルシンキングのツールの一つに、ピラミッドストラクチャーがある。

 

ピラミッドストラクチャーを使う利点は下記の2点だ。

  1. 論理構成を図式化できるから
  2. 主張をサポートするためには何を言えばよいかがわかりやすくなるから

 

ピラミッドストラクチャーについて

ピラミッドストラクチャーについて要約してみた。

 

  • 相談したが、何を判断してほしいのかわからない等、主張がよくわからないことがある
  • ピラミッドストラクチャーは、言いたいことと、その理由をはっきり整理するツール
  • 自分が伝えたいメインメッセージを頂上に置き、キーメッセージの理由を下に書いていく
  • 論理を構造化することで、わかりやすくなる

 

ピラミッドストラクチャーのメリット

  • 作った本人が論理の妥当性をチェックしやすい
  • どんな論理に基づいて結論を出したのか理解しやすい

論理の飛躍やこじ付けなどを排除できるから、主張が明確になる

 

ピラミッドストラクチャーの作り方

  1. イシューを特定する

  2. 論理の枠組みを考える

  3. Sowhat?を問いかけ、メッセージを抽出

  4. Why?Trueを問いかけ、論理が成立しているか確認

 

 

 

 

論理的思考に関する過去記事はこちら

 

www.mochizoo.xyz

 

 

www.mochizoo.xyz

 

 

転職先はブラック企業第16話「電マとiPhone」

<過去記事はこちら>

www.mochizoo.xyz

 

「宴会 フリー画像」の画像検索結果

宴会の始まり、地獄の始まり

 

見ると、クライアントたちが控えている。僕のチームのメインクライアント、「頭脳警察」の後藤の姿もあった。

 

 

「自衛官と~~!」

 

「サイコ・パス太郎のぉぉぉぉぉ!」

 

「ショオオォトコント~~!!」

 

自衛隊の軍曹(マゾ彦)と、新入りのサイコパス隊員(しょうきち)という設定だ。サイコパスだから電マを握っているという設定もまかり通ってしまう。

 

さて、これからトークが始まるが、僕らには作戦があった(何個目の作戦かわからないが……)

 

ここで参考にしたのは、スリムクラブの超スローテンポトークである。 彼らの面白みは、「間」だ。話の途中で突如生まれる「間」、観客の混乱、そして意味の分からないキャラ。ゆっくりと過ぎていく時間をこらえる中で、じわりとこぼれてくる笑い。ネタ自体はそこまでキレキレでもない。でも遅くするから面白い。僕らもこれをなぞろう。よくわからないキャラで観客を混乱させ、「間」で焦らせていけばいい。

 

マゾ彦がいう。

「これから敵の基地の索敵を行う~!さあ、写真を撮ってこい!」

 

「は、はあああああい!」

 

口を開けっ放しにしながら、僕は叫んでiPhoneをポケットから取り出した。そして、カメラモードにして観客向けてシャッターを切った。

 

「パシャ、パシャ……」

 

会場内に静かに響く、iPhoneのカメラ音。観客はもうすでに何人か、ニヤニヤし始めている。

 

「お~い!」

 

「な、なんですかああああ?」

 

ふたりとも口を開けっ放しにしながら、向き合って見つめ合う。

 

「お~い、写真を撮るならなあああ、ちゃんとしたカメラがいいだろ~」

 

「えっ、あああああ、そうかあああ」

 

時が進むのが1/2になったようなスピードで、僕は電マを取り出し、スイッチを押した。回転音が鳴り響く。そのままiPhoneに押し当てると、

 

「ギュギュギュギュギュイ!!!」

 

と、iPhoneが電マで擦れて変な悲鳴を上げた。

 

「お~い、写真を撮るならなあああ、電マを使うな~~!」

 

「えっ、あああああ、そうかあああ」

 

 

これで〆である。脳みその代わりにババロアを詰め込んだような思考で作ったコントであったが、予想外に受けた。キャラの勝利だ。

 

コントが終わった途端、突然後藤が立ち上がったと思うと、手元の白い何かを投げつけてきた。ショートケーキだった。他にも頭脳警察の社員が現れ、顔に押し当てられたり、投げつけられたりする。一瞬のうちに僕は真っ白になった。

 

ああ、これはおそらく社長が仕組んだものだと一瞬で理解した。

 

僕は過去に後藤からご指名でお叱りをもらっていたから、そのフラストレーションを面白おかしく解消するようなショーとして組んだのだろう。後藤自身も、ショーの中とは言え、僕を使ってストレスを解消するような行動をとったわけだから、今後の当たりは少し優しくなるだろう。なんとも政治的な宴会だこと。

 

地獄の始まり

芸を終わらせて裏手に向かうと、若手の宴会芸出演組が揃っていた。乳首に洗濯バサミをつけて引っ張り合う新卒の男子(東大卒!)の芸、瓦割りを披露する女性社員のチーム。それから帰宅しながら歯磨きをする変態、さんまの姿もあった。

 

さんまは関西弁で言う。

「今回は悪いけど、俺のアナ雪のオマージュが一番盛り上がるな。みんな笑い転げる姿が想像できるで」

 

ニヤニヤしながら自信満々に宣言しているが、僕は別にそんなことはどうでもよくて、シンプルにこの場が過ぎ去ってほしいと思っていた。穏便に、だ。何せ、メインクライアントの親玉を前にして特濃の羞恥プレイを行った直後なのだから。

 

「じゃあ、頑張ってくるで!」

 

そう言うと、さんまは金髪のかつらを被って悠々とステージに躍り出た。サポートのインターン生が、必死にステージの上で何かやっている。ビニールシートを敷き、何かを撒いているのだ。

 

安っぽいアナウンスが流れる。

「さあ、今年流行ったアナと雪の女王から、アナさんとエルサさんが来てくれましたー!」

 

さんまは剣道部出身の女の子と一緒に、ローションでベタベタにした床の上で、氷漬けにした鯖を持ってチャンバラをしていた。凍った鯖についた氷がチャンバラするたびにはじけ飛び、さながらエルサの雪の魔法のように見えるという趣旨のショーだった。もちろん、足元がローションでクソみたいに滑るので、鯖をうまく振ることができない。振りかぶろうとして鯖が手元を離れ、スーンと飛んでいく様はなかなかにシュールだ。

 

最後は残っていた鯖を新卒の女の子が全員で持っていき、さんまをメタメタに叩いて終了した。会場は上々の反応であったが、最近取引を始めたクライアントは引きつった笑いで拍手をしていた。 

 

 

 <過去記事はこちら>

www.mochizoo.xyz

 

 転職するなら

 

第二新卒で転職するときは、ハタラクティブ や、マイナビジョブ20'S第二新卒ナビ に登録してみると、サポートが無料でついてくるので良いですよ!

 

ジェイックは書類選考なしで面接できるイベントをやっていたりするので、登録してみるといいですよ!企業も第二新卒に熱心な会社が来るので!

優良企業20社と書類選考ナシで面接ができる就職イベントを開催!就職ならジェイック!

 

 

 

 

【コーチング】ダメ社員を伸ばす人はどんな人か?

ども!

しょうきちです。

 

f:id:nojisho:20170422135404p:plain

 

真のリーダーとは「できる人」ではなく「伸ばす人」

 

 

「わかった」「できた」を作り出す手助けをする人=「伸ばす人」

 

できる人はダメ社員を潰し、伸ばす人はダメ社員を育てる。さて、ではダメ社員を伸ばす人とは、どんな人なのだろうか。

 

 そこで、できる人で終わる人、伸ばす人に変わる人という本で勉強してみた。

「できる人」で終わる人、「伸ばす人」に変わる人 (ソフトバンク文庫)

「できる人」で終わる人、「伸ばす人」に変わる人 (ソフトバンク文庫)

 

 

 

要約してみると、下記のとおりである。

  • できないことに価値がある
  • 答えを教えてもらうのではなく、見つけることが達成感につながる
  • 答え自体ではなく、答えを出すプロセスにこだわる
  • 成功体験、自己肯定感のかけている人に対して、答えを求めすぎても「わかりっこない」となってしまう
  • 壁を乗り越える経験を積んでいない人=成功体験のない人に、
  • することの共有だけではなく、感情の共有
  • 期待感を導き出す対話が必要

 

手法としては、相手の自己肯定感を高めて相手を「乗せて」いくことで、伸ばすのが良いとされる。

 

そこで重要なのは、ダメ社員は何らかの要因で自己肯定感がないということ。
(意識の高い学生のように、めちゃくちゃ自己肯定感があるのに結果を出していない社員もいるだろうが、それは頑張る方向を間違えているだけなので、今回はこれを対象としない)

一方的に方法論を出してもダメ社員には意味がない

僕のダメ社員エピソードを例に出して考えてみる。

僕は人事職として転職したつもりが実質的に販売職だったという苦い経験がある。当時の自分は人事しかやる気がなかった。だから、販売に対するモチベーションは極めて低いままだった。そんな中、販売員として大成する方法論を上司から偉そうに言われても、クソほども響かないのだ。したがって、僕はいつまでもダメ社員のままだった。

 

自分の意識は販売員にあるのではなく、人事にある。だから、そんな人間に熱意を持って販売員のあれこれを教えても腐るだけである。それでも順応して販売員をやっていける人間もいるのだろうが、僕はそんなに便利な人間ではなかった。いや、すべての人間がそんなに便利になれるのだろうか(反語)

 

一緒に並走する姿勢が大切。行動も、感情も共有しながら

僕の場合、背景の感情を共有してもらえたら、まだモチベーションが保たれたかもしれない。 学ぶ気も起きたかもしれない。なぜできないのかを方法論だけで解決しようとするのは愚策なのかもしれない。

 

「できる人」で終わる人、「伸ばす人」に変わる人 (ソフトバンク文庫)

「できる人」で終わる人、「伸ばす人」に変わる人 (ソフトバンク文庫)

 

移住1年半の僕が宮崎の主要都市について説明するよ

ども!

しょうきちです。


宮崎県に移住して1年半。会社員生活も終止符をうち、ついにフリーランスとして動き出す準備を始めている。

www.mochizoo.xyz

 

僕は地元が関東なので、実家に帰ることもちょっと考えた。しかし、当分は宮崎に残って頑張ることにした。宮崎がいいところだからだ(移住して失敗しました、というのは恥ずかしいし……笑)

 

せっかく1年半住んだので、自分が見て知ったナマの感覚で、宮崎県の主要都市について紹介したいと思う。

 

宮崎市

f:id:nojisho:20170424201540p:plain

  • 宮崎県最大の都市
  • でもポール・スミスは大分に行かないとない
  • 宮崎駅は県で唯一自動改札機がある駅
  • 宮崎県最大の繁華街「橘通り」がある
  • 宮崎大学、宮崎公立大学など大学もいっぱい

宮崎市。宮崎県最大の都市で、中心街である橘通りには山形屋などのデパートも集結。片側3車線の道路もあり、都会的な感じを味わえる。駅の前にはヤシの木もはえていて、ザ・南国!と言った感じだ。

 

残念なこととしては、比較的価格帯の安いブランドが中心に揃っていること。いや、言い換えると安いブランドしかない。ビームスとか見に行きたいと思ったら隣県まで行かなくてはならない。会社の人が言うには「ポール・スミスがないから、大分まで車を飛ばしていた」とのこと。そんなにポール・スミスって追い求めたくなるもんか?と思ったが、まあいいや。

 

全国的にも有名な寿司店「一心鮨光洋」があったりする。

isshinzushi.com

 

ちなみに宮崎県最高評価のラーメン店「ラーメンマン」も宮崎市にある。駅からかなり遠く、車必須なのが難点。

www.rarmenman.com

 

 

都城市

関連画像

  • 読み方は「みやこのじょう」、地元民は「みやこんじょ」
  • 宮崎と鹿児島どっちにも行けて便利(≒中途半端でもある)
  • 東国原知事の出身地
  • 「黒霧島」で有名な霧島酒造の本社がある
  • 飲むなら牟田町

 

我らが都城。僕の住んでいる街でもある。薩摩藩の統治下であったため、鹿児島的な雰囲気がある(宮崎市の人が「都城は鹿児島みたいなもんだよね~、とか言うのを聞くこともある」)。車真に載せているのは「関之尾の滝」という観光スポットで、水しぶきが飛ぶ滝の目の前の吊橋を歩いて渡ることができる。写真で見るよりも雄大だ(1回行けば満足)。

 

山に囲まれた盆地なので、夏は暑くて冬は寒い。冬は宮崎市と比較して2,3度違ったりする。それでも関東や福岡よりもだいぶ快適(と、寒いのが苦手な僕は思う)。温暖なので、4月に半袖、5月に短パンでもそんなに浮かない。

 

宮崎市に行くのも鹿児島市に行くのもそこまで変わらないので、遊びに行くときは2つの県の中心都市に行きやすくて便利……と思いきや、宮崎市に行くのは1時間半弱、鹿児島市に行くのは2時間弱かかるので、ぶっちゃけ中途半端とも言える。とは言え、都城でも最低限の買い物はできるので、不自由はしない。でも、LCCのジェットスターが通っている鹿児島空港に行きやすいのは非常に大きいメリット。

 

飲むなら牟田町。牟田町は若干ひなびた感じもするが、それも田舎らしいゆったりした感じと思って楽しんでいる。ワイワイガヤガヤが好きなら東京に住めばいいのだ。ちなみに牟田町は「西都城駅」付近にあるのだが、「都城駅」の駅前はあまり栄えていない。

 

SLFという自然派イタリアンはおしゃれでおいしいと好評。

SLF|in SEASON(インシーズン)|in SEASON(インシーズン)

 

あとは、都城市役所のチキン南蛮が意外とうまいのでおすすめ。

www.mochizoo.xyz

 


延岡市

「延岡市」の画像検索結果

  • 県北の雄
  • 宮崎名物「辛麺」発祥の地
  • チキン南蛮発祥の地でもある
  • もうすぐ大分県
  • 西に行くと高千穂峡

 

延岡市。ぶっちゃけ、県西に住んでいるとほぼ縁がない。よって、延岡を表すなら「もうすぐ大分」「もうすぐ高千穂峡」「チキン南蛮と辛麺の発祥地」くらいしか情報がなかったりする。

 

だが、平日に定時で仕事を切り上げてそのまま旅行に行こう!となると、高速で延岡まで行って1泊し、次の日は朝から大分で温泉巡り……みたいな使い方もできるので、そういう意味で使える都市である。格安のビジネスホテルがないのが悲しい。

 

冒頭にこき下ろしておいて何だが、よく考えるとチキン南蛮と辛麺を生み出すという功績もなかなかのものである。特に辛麺、これは絶対に食べておくべき。宮崎県民なら誰もが知っている「辛麺屋 桝元」でどうぞ。

www.karamenya-masumoto.com

 

www.mochizoo.xyz

 


日南市

「日南市」の画像検索結果

  • サーフィン!
  • 市長が若くてイケてる伸び盛りの街
  • 最近東京の企業のサテライトオフィスが増えてる
  • 巨大なモアイがいる
  • 小京都「飫肥」があったりして観光もできる

 

日南市 。僕の友人が日南市に住んでいるため、ちょくちょく訪れることが多い。

 

正直に言うと、外食にはあまり期待できない。なぜなら閉まるのが早く、うまいものも宮崎市、都城市と比較すると多くないと思うからだ。とは言え、うまいものがゼロなんてことはまったくない。海辺のシャンシャン茶屋は結構評判で、海鮮が新鮮かつ巨大だったりする。

visit.miyazaki.jp

 

日南でアツいのはビジネス方面だろう。最近、30代の崎田市長がすすめる改革が斬新で、イケイケな印象。企業の呼び込み作戦が功を奏していて、アクセンチュア出身者が起業していたり、都内からベンチャー企業がサテライトオフィスを設立したりしている。海辺に支社を持ってるって確かにイカしてるよね。

sakitakyohei.jp

 

観光地として有力な「飫肥」を持っているのも日南市の魅力。この小京都を目指して大量のインバウンドツアーが組まれている。

「飫肥」の画像検索結果

 

小林市

「小林市」の画像検索結果

  • 熊本方面に行く途中に通り過ぎる街(失礼)
  • Youtube動画で有名
  • 「~だどん(~だけれども)」など、訛りが強い
  • 山登り
  • 生駒高原のコスモスが有名

 

小林の印象は、「熊本に行く途中、高速で通り過ぎる街」である。申し訳ないが、そんな感じなのだ。小林だから買えるものもなく、宿泊施設が充実しているわけでもなく、温泉に力を入れているわけでもない(温泉ならもう少し熊本よりのえびの市か、熊本の人吉市に行ってしまったほうが良い)宮崎に住んでいる地元民に小林の印象を聞いてみたところ、「土地勘がないからわからない」と言われてしまった。地元民に土地勘がないと言わせしめるとは、どれだけ僻地なんだ。

 

www.mochizoo.xyz

 

 

ボロクソに言ってしまったが、2016年、小林氏は動画PRに成功して瞬間風速的に有名になった。

 

小林の方言がフランス語のように聞こえることをうまく使った動画であったが、これは言い換えれば「小林の西諸弁は何言ってるか本当によくわからない」とも表現できる。実際、小林のおじいちゃんおばあちゃんの言葉が理解できずに怒られ、それも理解できずにただひたすらに困惑したこともある。

 

困って宮崎の友人に助けを求めたが、「俺小林の人間じゃないからわからない」と逃げられた。ちなみに友人の出身地と小林は40キロくらいしか離れていない。それくらい、ここの方言はカオスなのだろう。僕はロスト・イン・トランスレーションという少し前の映画を思い出した。

 

思い出したようにいうが、小林が賞賛の目で見られるタイミングがあった。それは秋のコスモス畑である。毎年、小林の生駒高原のコスモス畑が秋になるときれいなのだ。

「小林市」の画像検索結果

 

宮崎移住楽しいよ!

僕は都城市にいる理由があまりなくなったので、これからどこにしようか迷い中。移住者だから、どこに住んでもいいし、フリーだから、会社に縛られることもない。

 

 移住系過去記事まとめ

移住してから書いた、移住についての記事。ぜひご覧あれ。

www.mochizoo.xyz

www.mochizoo.xyz

www.mochizoo.xyz

www.mochizoo.xyz

www.mochizoo.xyz

 

 移住系の本も市場で増えてきたのでチェックしてみてください!

生きる場所を、もう一度選ぶ 移住した23人の選択 しごとのわ

生きる場所を、もう一度選ぶ 移住した23人の選択 しごとのわ

 
移住女子

移住女子

 
いきたい場所で生きる 僕らの時代の移住地図

いきたい場所で生きる 僕らの時代の移住地図

 

 

グロービス学び放題でクリティカルシンキングについて学んでみた

 

ども!

しょうきちです。

 

今日は論理的思考の一つ、クリティカルシンキングについて「グロービス学び放題」で学んでみた。

 

 ちなみに、論理的思考については過去にも自分の記事で書いたことがある。

www.mochizoo.xyz

 


答えを出すための論理的思考

我々は考えるということを子供のころから自然にやっているが、考えが適切でなかったりするところがある


クリティカル・シンキングとは、物事を適切な方法で、適切なレベルまで考える思考のこと


クリティカル・シンキングによる具体的なメリット

  • 新たな発想ができる
  • 機会や脅威に気づく
  • 相手の言いたいことや前提を理解できる
  • 集団として、より良い意思決定ができる

 

クリティカル・シンキングが 使えるのは、ビジネスシーンだけではない。

 

クリティカル・シンキングは「効果的な意思決定」に役立つ思考。なので、ビジネスシーンだけでなく、日常生活にも応用することができる。 

 

目的は何かを意識する
  • 問題の一部だけに注目してはいけない
  • たとえば、コスト重視なのか、質重視なのか、前提は?

 

自他に思考のクセがあることを考える
  • 経験などからくる「暗黙の了解」を前提に考えてしまう
  • その結果、議論のすれ違いなどを招く

 

例えば、プロジェクトメンバーとリーダーで考えているとする。それぞれで、コスト前提、スピード前提というように、暗黙の了解がすれ違うことはよくある。すると、結果にもすれ違いが生まれてしまう。

 

まずは前提の確認をし、議論をすすめる中で論旨がねじれてこないよう、思考のクセをなくすべく考えなければならない。

 

結論に達したと思っても、問い続ける
  • So what?→それで?
  • Why?→なぜ?
  • True→本当に?

 

クリティカル・シンキングを身に着けるには、上記の3つのポイントが必須。議論の途中で急にひらめくことがあるが、そういうひらめきも大切。しかし、そのひらめきは本当なのかと疑問視することも大切。

  

ちなみに、学び放題の動画ではこんな感じでまとめてくれる。すごくわかりやすい。

 

 

ぜひ、前の記事も読んでいただきたい。

www.mochizoo.xyz

 

 

改訂3版 グロービスMBAクリティカル・シンキング (グロービスMBAシリーズ)

改訂3版 グロービスMBAクリティカル・シンキング (グロービスMBAシリーズ)

 

 

 

転職の書類選考で落ちたら考えるべき「ストーリー視点」について

 ども!

しょうきちです。

 

書類選考に必要な要素

 

「今日からあなたには仕事はありません」という本を読んでいて、自分を売り込む大切さについて勉強していた。 

 

そこで気づいたのだが、

  • 書類選考でも自分を売り込む姿勢が必要
  • その要素として「ストーリー化」という観点は重要

だと思ったので、記事を書いてみる。

 

「辞書と小説の違い」はわかりますか?

  • やったことを並べるだけでは事実の羅列であり、面接官のココロを動かさない
  • 事実の羅列ではなく、ストーリーで書くこと
  • 書類選考が「ストーリー」であるなら、面接官は「読者」である

 

書類選考で大切なのは下記の3点。

  1. 職歴をストーリー化すること
  2. レジュメが自己アピールの道具になっていること
  3. 職歴とスキルセットを完結にまとめること

 

中でもストーリー化と言うのは、失敗する転職者があまり意識ができていないポイントなのかもしれない。

 

ストーリー化すべき点とは、

事実→スキル→(今後の)キャリア

である。

 

  1. 営業を3年こなしたという事実から
  2. 業界別営業手法や新規開拓手法、クロージングというスキルを学び
  3. その結果として今後はこういうことをやっていきたい

という流れをストーリーと呼ぶ。

 

ストーリーがつながっていなければ、落ちる

 

事実だけ書いても、「営業を3年やってきたから何なの?」と、ぱっとしない。これで面接官を惹きつけられるのは、「マッキンゼーで経営コンサルを10年やってきた」みたいな、事実だけで実力がわかる場合くらいだ。

 

事実にスキルを付け加えただけなら、今後どういうポジションに配置していけばよいかという適性が不明確だ。

 

同じ事実、同じスキルでも、今後のキャリアが違ってくる場合もある。

  1. 営業を3年やりました、繊維業界に詳しくなりました、今後も同業界の営業を続けてプロフェッショナルになりたいです
  2. 営業を3年やりました、繊維業界に詳しくなりました、今後は顧客の声を反映させて宣伝部で頑張りたいです

目指したいキャリアが不明確だと、転職先の会社はミスマッチというリスクを考える。入っても適正が合わなくて、すぐやめるんじゃないかと訝しむ。だから、キャリアまで書くべきなのだ。

 

こうして、事実→スキル→キャリアをきちんと書くことで、「今までこうやってきた、だからこれを学べた、今後はこう働きたい」がわかる。つまり、転職者のストーリーが面接官に伝わりやすくなるのだ。

 

転職面接は営業であり、書類選考は販促ツールチェック

 

僕も、転職面接は「営業」であり、書類選考の書類は「販促ツール」だと思っている。だから、

 

また、趣味や特技についても営業を意識したほうが良い。女性でも、柔道をやっていたら「骨のあるタフな精神がある」と思ってもらいやすいし、中国語会話と書くと「外資系クライアントにつけられるかもしれない」と、自分の使いみちを会社で判断してくれる。つまり、会社での活躍シーンを想像してもらいやすくなる。

 

僕は戦略コンサルティングファームの会社で「趣味:中国語会話」と書いたら、最終面接で中国人社員と中国語面接をすることになった経験がある。当初にはなかった選考形態だ。残念ながら合格はしなかったが、これは僕の中国語力を期待してくれたから実施してくれたのだと思う。エージェントからも、「もう少しビジネス中国語ができていたら合格していたと思います」とのこと。

 

文中でも、下記のようなシーンがある。

「ちなみに趣味のインテリアデザイン、教室などに通われているのですか?」

「いえ、ただの趣味なので、単純に本を読んだりしているだけです」

「もったいないですね、ではなぜそこに書いたのですか?」

「あっ!」

インテリアデザインにどのように向き合うのか。徹底的に調べるマニアック的アプローチか、自分でインテリアを作ってしまうスペシャリスト的アプローチか、インテリアについてのサイトを立ち上げて運営する企画的アプローチか。

 

インテリアデザインという趣味を武器にするのなら、上記のようにかけたら強いと思うし、面接官も唸るだろう。

 

今までに書いた書類選考記事

 

www.mochizoo.xyz

 

www.mochizoo.xyz

 

 転職するなら

 

第二新卒で転職するときは、ハタラクティブ や、マイナビジョブ20'S第二新卒ナビ に登録してみると、サポートが無料でついてくるので良いですよ!

 

ジェイックは書類選考なしで面接できるイベントをやっていたりするので、登録してみるといいですよ!企業も第二新卒に熱心な会社が来るので!

優良企業20社と書類選考ナシで面接ができる就職イベントを開催!就職ならジェイック!

 

 

 

強いコンセプトとは何か

ども!

しょうきちです 。

 

 

コンセプトの作り方について考えよう

 

前回の記事で、コンセプトとは何かについて説明してみた。

www.mochizoo.xyz

 

そこで、コンセプトの定義を下記のように述べた。

  • コンセプトとは何?→商品などが内包する「概念」
  • コンセプトとはどうあるべき?→既成概念を駆逐する「新しい概念」であるべき

 

では、コンセプトを作るにはどうすればよいかをまとめてみた。

 

強いコンセプトの要素

強いコンセプトとは、下記の6つの要素で定義される。

 

  1. 新しい価値観
  2. 他との差別化
  3. 時代の予感
  4. 戦略性
  5. 喜び、幸せの創造
  6. ブランド

 

コンセプトに新しい価値観があるか
  • 人の関心事にあって、欲求にあって、はじめて価値が認められる
  • 水は乾きを潤すのが価値だが、コモディティ化してしまっている
  • 重要な思考法「実質的価値+情報的価値=総合的価値」
  • 水に情報的価値を加えることで、水+美容、水+健康のような新しい価値観をつくれる
コンセプトに他との差別化があるか
  • 優劣を競うのではなく、違いを生み出す時代
  • 相対的な価値ではなく、絶対的価値が重要
  • 独自の存在意義をつくる

 

コンセプトに時代の予感があるか
  • 新しくなりそう、面白くなりそう、変わっていきそうという人の感性を刺激する
  • 新しい時代の空気を感じる提案性を出す
  • 需要対応型から需要創造型へ

 

コンセプトに戦略性があるか
  • コンセプトメイキングをすることは、変化をうながすこと
  • つまり、概念を変え、相手の行動を変えていくこと
  • コンセプトは行動の中心にある考えとして、行動を伴って評価されるべきもの
  • 戦術的でなく、戦略的に考える(単純な機能改善ではクリエイティブと言えない)
  • 上流工程から下流工程までを一本化して考える(企画→デザイン→生産→流通→販売)

 

コンセプトが人の幸せや喜びにつながるか
  • 客観的なモノの豊かさから、主観的なココロの豊かさへ
  • 高品質なだけでは意味がない。なんのための高品質化を考える
  • 奥底に、人々の喜びを願う気持ちがあるか

 

ブランドにつながるか
  • 商品も企業も、持続的発展が究極の目的
  • 持続的な発展のために、ブランド化が必須
  • 刺激型(プロモーション的)から関係型(ブランド的)へ

 

シャネルのコンセプトで考える

強いコンセプト、強いブランドといえばファッションブランドを思い浮かべる人も多いと思う。なので、シャネルを例にとって考えてみよう。

 

果たして、シャネルは上記の「強いコンセプト」の要素に合致しているのだろうか。

 

事前情報として、シャネルについての予備知識を。

20世紀に入っても、ヨーロッパの女性はコルセットできつく胴回りを締め、足全体が隠れ、裾に向かって膨らむように針金でパターンされた洋服を着ていた。
これは男性優位のヨーロッパ社会で、男性が求める女性の服であって、女性はこのことに対して(またはそれ以外の生活全般に対して)男性に従順であることを求められていた。
つまり女性の服は女性のための服ではなく、男性のための服であるという社会背景があった。
それをガブリエル(ココ)・シャネルが革命した。
彼女はこの革命をコンセプトにした。
コルセットを取り、機能性に優れたジャージなどの素材を使い、楽な服や女性の体のラインが出る服を作った。
女性のための服。それが「女性の服の解放」というコンセプトに結びついた。

シャネルのコンセプト – Esmoseより

 

当時の男性優位社会では、女性の服は男性が買い与えるものであって、女性が買うものではなかった。したがって、デザインは男性が見て喜ばしいものとなり、女性の目線は反映されてこなかった。その上、女性に高級な服を着せることは男性にとってのステータスであり、自己顕示欲を満足させるための道具として機能していた。

 

その時代のアンチテーゼとして、シャネルのコンセプトはこうはたらいている。

 

 

  1. 新しい価値観→女性による女性のための女性の服
  2. 他との差別化→黒と白のカラー、素材
  3. 時代の予感→女の時代、女性の服の開放
  4. 戦略性→デザインはもとより、店舗デザインにもこだわり
  5. 喜び、幸せの創造→女性が着てうれしい、着やすい、美しい
  6. ブランド→100年続く、女性のあこがれ

 

見てみると、時代の動きを完全にとらえたコンセプトだと思う。世界大戦が始まろうとして、女性の社会進出が進む中、生まれるべくして生まれたブランドだ。そして、「女性による女性のための女性の服」「女性の解放」というコンセプトが、今では当たり前になっていることにも気づく。

 

強いブランドには強いコンセプトがあり、それは時代をとらえ、新しい常識をつくるものだとわかった。

 

 

 

コンセプトって何?「差別化するストーリーの描き方」で勉強してみた

「概念」の画像検索結果

ども!

しょうきちです。

 

コンセプトとは何で、どう作ればよいのか? 

 

 最近、これから移住する人や、長い目で見て独立を考えている人から事業創造について相談をもらえる機会がちょこちょこある。

 

まだ自分は駆け出しでしかないので、浅学を吹聴して法悦の相とはまさにこのことではあるが、頼ってもらえることがものすごくうれしいので少しでも価値のなる情報を提供したいと思っている。

 

そこで、今回は元博報堂政策部長の高橋氏の著作からストーリーメイキングとコンセプトメイキングについて学んでみた。

「差別化するストーリー」の描き方

「差別化するストーリー」の描き方

 

 

 

コンセプトは既成概念の変化を起こす

さて、コンセプトとは何なのか?

 

世の中にはびこるアマチュア慈善団体や学生団体とかが「それっぽいこと」をコンセプトとしてぶちあげたりしているが、「じゃあ、コンセプトっていったいなんですか?」と聞くと顔をこわばらせて閉口したりする。

 

ここで、コンセプトについてを説明しておこう。

  • コンセプトとは何?→商品などが内包する「概念」
  • コンセプトとはどうあるべき?→既成概念を駆逐する「新しい概念」であるべき

 

コンセプトそのものの意味は「概念」である。商品とか、サービスに込められた思いである。商品を定義づける説明とかうんちくとかその他ウンヌンカンヌンである。コンセプトそのものの説明は、これで終わってしまう。

 

だが、コンセプトはうんちくをだらだら述べて自己満足するためのものではない。商品を新しく出すには、新しい価値が必要である。コピーなら、既存の商品に勝つことはできないからだ。だから、新商品には新しい価値を込める。そのときに、どんな価値が必要かを「概念として」まとめねばならない。これがコンセプトだ。

 

だから、コンセプトとはただのうんちくに終わらず、既成概念の変化を起こす概念であるべきだ。元からある考えを駆逐するために、製品をつくりあげていく中での「指標」である。今までにないものを作り出すときに迷わないための「羅針盤」としてあるべきなのだ。

 

おそらく、「コンセプトとは何か?」と聞いても様々な、雑多な答えが返ってくる理由として、

  • 「コンセプト」事態の意味を理解していない
  • 「コンセプトとは何か」と「コンセプトのあるべき姿は何か」を混同して混乱している

のではないかと思う。

 

 

コンセプトの基本形

コンセプトとは何かを説明したところで、コンセプトとは何で構築されているかを語ろう。

 

コンセプトとは、下記の4要素で成立する。

  1. 「現状を認識する」→企業のフィールド把握
  2. 「時代を洞察する」→時代のフィールド把握
  3. 「発見する」→アイディアの閃き
  4. 「言葉化する」→コンセプト化

 

事例:アサヒスーパードライのコンセプト

「飲み会」の画像検索結果

事例を出したほうがわかりやすいので、アサヒビールのスーパードライの例を出してみよう。

 

現状認識:自社の課題などを認識し、コンセプトの素地をつくる
  • アサヒビールのシェアは10パーセントを切っており、非常に苦しい状況

  • 新しい商品で市場を握りたい

  • ビールの本質的な味を再構築しなければ、勝ち目はない

  • 味という概念を変えたい

 

時代の洞察:世間は自社に関する情報にどう反応しているかを見極める
  • ビール市場での競争が激しく、キリンの独走状態
  • イメージ戦争、タレント勝負など、企業の体力勝負が続いている(じり貧に……)
  • ビールの味の要素で、何が重要なのかが不明確
  • 生活者に味の基準が提案されておらず、イメージでビールを選ぶ時代

 

発見:アイディアを「発酵」させ、コンセプトに落とし込む
  • ビール本来のうまさの基準作り
  • おいしさの基準の提案、リアリティのある商品の開発

 

コンセプト:世間がもとめていて、自社だからできる、新しい価値提供のかたち
  • コクがあるのに、キレがある

 

以上である。

 

事例:ポラロイドカメラのコンセプトとは

今度は「ポラロイドカメラ」のコンセプト自体について考えてみよう。

 

ポラロイドカメラとは、フィルムを使ったアナログカメラの一つ。一枚ずつ撮影して、その場ですぐに現像出来るタイプのカメラだ。


ポラロイドカメラのコンセプトとは、「10秒間を売る」である。写真を提供するという価値であれば、ほかのどんなカメラでもいい。でも、ポラロイドが提供してくれるのは、10秒間で写真を提供できるという価値だ。


コンセプトに必要な要素

 

強いコンセプトに必要な要素は下記の6点である。

  1. 新しい価値観
  2. 他との差別化
  3. 時代の予感
  4. 戦略性
  5. 喜び、幸せの創造
  6. ブランド

 

これについては次の記事でまとめていきたいと思う。

(外出先でブログを書こうと思ったら本を忘れてきてしまった……)

「差別化するストーリー」の描き方

「差別化するストーリー」の描き方

 

 

営業がクソ苦手なので「人たらしのブラック交渉術」で勉強してみた

 

f:id:nojisho:20170421180440p:plain

ども!

しょうきちです。

 

人たらしのブラック交渉術を学んでみた

 

前々から交渉事が苦手な自分。今回独立することで、少しは人と話せるようにならないとと思い、本を読んで勉強してみた。 

「人たらし」のブラック交渉術 ~思わずYESと言ってしまう魔法の話術~ (だいわ文庫)

「人たらし」のブラック交渉術 ~思わずYESと言ってしまう魔法の話術~ (だいわ文庫)

 

 

この手の本は最近結構出ているが、今回選んだものはかなりわかりやすかった印象。勉強してみたところを簡単にまとめてみた。

 

 

根回しと事前の調整

  • 会う前に、ある程度知り合いになっておくことはとても重要
  • どんどんメールのやりとりをして、会う前にある程度相手のことをわかっておく
  • 相手が匿名だと人は激しく攻撃するが、知り合いなら攻撃はしてこないもの

 

相手のことを調べる

  • 相手の対応と本音を理解する
  • 相手の時間がないことを知らずにアポを長時間延長するなど愚の骨頂
  • 交渉を成功させるのなら、相手に気持ちよくさせること

 

相手が本気を出す前に攻める

  • 先手必勝
  • 相手が何かをする前に、こちらから、大きな声であいさつして主導権を握る
  • 大きな声であいさつをすることで相手がひるむのは、科学的根拠がある

 

子犬契約法を使う

  • 目先の利益は捨てる
  • フリーミアム商法と似ている考え
  • Huluなどの2週間無料のサービスが代表例
  • 使っているうちに愛着がわき、本契約につなげてしまえば強い

 

手の内をすべてさらす

  • 自分をすべてひけらかすことにより、相手の信頼を勝ち取る
  • 誠実、正直、篤実といった印象を植え付けることができる
  • 先に値下げ限界額を言うことで、そのあとの交渉を拒否できるなどの利点
  • 交渉が下手な人に向いた交渉術でもある

 

不満は時間を置くと徐々に大きくなる

 

秀逸なシミュレーションが本編の中にあったので、引用。

「お話は以上です。何か質問はございますか」

「ありません。よくわかりました」

「ありがとうございます。ところで、私の話は点数をつけるならば何店でしょうか?」

「えっ、いや、わからないですね」

「20点くらいでしょうか……」

「いや、そこまで低くないですよ。70点くらいかな」

「それでは残りの30点の点数は、何が足りなかったのでしょうか?」

 

  • 不満は放置しておくと、膨れ上がっていく
  • しまいには、70点が20点にも0点にもなってしまうかもしれない
  • 深いヒアリングによって、相手の不満を解消し、100点を目指すべき

 

心理的抵抗を利用して相手を引きとどめる

  • 「大丈夫です、私が引き下がります」→引き止めたくなる心理が働く
  • 理由はリアクタンスという心理的抵抗が作用するから
  • 引き止められて交渉を始めることで、こちらに主導権が渡る

 

以上である。

まだ商材を作ってないのでどう生かすも何もないのだが、結構目からうろこでためになった。中堅社員以上にはおそらく簡単なことかもしれないので、新卒の営業マンとかにおすすめ。

 

「人たらし」のブラック交渉術 ~思わずYESと言ってしまう魔法の話術~ (だいわ文庫)

「人たらし」のブラック交渉術 ~思わずYESと言ってしまう魔法の話術~ (だいわ文庫)

 

 

【独立】宮崎の会社を退職し、フリーランスになります。

「サラリーマン 画像」の画像検索結果

ども!

しょうきちです。

 

昨日、宮崎の某小売業企業を退職した。

 

在籍期間は1年8カ月だったが、これからの人生が楽しみという気分が9割、もっとがんばれたんじゃないかという気持ちは1割にも満たない。とてもすがすがしい気分だ。


今回辞めた会社に就職した理由

そもそもなぜこの会社に就職したかも述べておく。

僕は前職のブラック企業的勤務にほとほと疲弊していた。

 

 その様子は下記の連載(現在停止中だが近日再開!)をご覧いただきたい。

www.mochizoo.xyz

 

社員旅行に行く集合前の雰囲気がこれである。

周囲を見回すと、デスクの上もカップ麺やマクドナルドのごみでいっぱいだ。そして、社員は歓談するわけでもなく、ひたすらにPCに向かって集中。顔色からして、明らかに疲れている人間が多い。旅行担当者に話しかけると、「一昨日から寝てないのに、、、」と愚痴をこぼしながら、旅行の行程について話してくれた。面接であったマネージャーは、出発の1秒前までずっとPCをカタカタやっていて、「オフィスを出ます!」の声とともにPCを閉じ、エレベーターに乗ってからまたカタカタやりだした。ビルを出ると旅行担当者が「準備がクズ」との理由で、ゴミだのバカだの死ねだのと激詰めされていた。僕は風水については詳しくないが、恐らく、いや間違いなく、あの時のオフィスは「陰」の気にまみれていただろう。

 

こんなのを1年ちょっとやり続けたことにより、僕は精神的にも退職的にもぼろぼろだった。周囲が「丸1日寝なくても大丈夫」な思考体力満点のマッチョマゾヒスト(日本ではそれをエリート社員という)であふれていたため、貧弱な僕はリングから退却することを余儀なくされた。

 

しかし、マッチョどもにもまれたことで、ある程度のスキルは自分に溜まっており、転職ではそれが功を奏して大手上場企業からポコポコ内定をもらった。

(面接でもブラック企業勤めであったことは包み隠さず述べており、ほぼすべての面接官が驚愕していた)

 

地方の小売業(上場企業)に就職先を決めた。

 

理由は4点。

  1. 募集枠が人事職であったこと
  2. 勤務先が宮崎だったこと
  3. 上場企業だったこと
  4. 給料が当時よりも上がったこと

 

まず、最も大きいのは人事ができること。転職時はこう考えていた。

ブラック企業で苦しみ、労働環境の苦を理由に退職した僕が人事(しかも未経験)になるってちょっと面白いと思っています。前職でのひどい労働環境を加味して、どれだけ新しい会社で労働環境を改善していけるか挑戦したいと思っています。また、マーケティングの経験を生かして新しい人材の量と質の向上に取り組んでいくつもりです。

 

www.mochizoo.xyz

 

また、宮崎というのもよかった。宮崎には先に移住していた大学のころからの友人「たいぴー」がおり、彼の存在も僕の決断を強く後押ししてくれた。

www.mochizoo.xyz

 

さらに、上場企業であったこと。自分は「ブラック企業で働かない」ことを重視していたため、 勤務がブラック化しにくい1部上場企業で働こうと思っていた。残念ながら僕の勤める宮崎の会社は1部上場ではなかったが、地方企業は比較的帰りが早い。よって

、都内の1部上場企業よりも労働環境は悪くないと想像した。

 

極めつけは給料が上がったこと。人事の責任者が僕のことを高く評価してくれた結果だった。サラリーマンの平均給与額が300万の宮崎において、第2新卒のリスクの高い人材である僕を高い給与を出して採用してくれたことがうれしかったのだ。

 

こうして僕は、夢を抱いて移住し、転職した。

 

・やめた理由

 

上記の話から、僕なりに考えぬいて決めた転職であったことは想像していただけるかもしれない。では、なぜ僕がそんな会社を辞めることになったかを話そうと思う。

 

最も大きかったのはこれだ。


人事職だと思って就職したら販売職だったこと

 

先述のとおり、僕は人事職で就職した。しかし、3か月後には販売職で勤務することになった。僕の「人間性を鍛えるため」という名目付きの人事であったが、その期日はいつしかなかったこととなり、僕は辞めるまでの1年4カ月をひたすら販売員として過ごした。

 

ただ、これだけ言うとあたかも会社がすべて悪いように見えるので、しっかりと書く。わずか3カ月の間に僕は遅刻をし、社用車をぶつけた。社長の悪口をチクられて、社長から直接叱られたこともあった。そうした経緯から僕の「更生」は始まったと聞く。

 

店舗に行くことでモチベーションは落ちていたが、最初の2カ月はそれなりに楽しめたと思う。椅子に座らない仕事も、顧客の声を聞き、生で感謝されるというのも、すべてが新鮮だったからだ。何せ、お客さんの大きな荷物を持って車まで運ぶだけででたらめに感謝されるのだ。「東京から来たなら、私が宮崎のお母さんになるかいね~」と、温かい言葉をかけてもらったことは今でも覚えている。

 

しかし、転機はすぐに訪れた。マネージャーが一人転勤になったのだ。その穴埋め要員は、ほかでもない僕となった。理由は「給料が高いから」。経験の有無関係なく、マネージャーに任命された。ちなみにマネージャーに抜擢されるのは通常5年~10年ほど勤務した社員が対象で、当然店舗運営の基本はすべて熟知している前提となる。

 

放り込まれたのはおばちゃんもといお姉さまが幅を利かせるコーナーで、僕は仕事ができないことを理由にさんざん叩かれた。仕事の効率はだいたい「店内の商品陳列場所の把握」と「倉庫の商品陳列場所の把握」で決まる。それは技術でどうにかなるものではなく、目で見て覚えなくてはならない。そして、一朝一夕でどうにかなるものでもない。さらに、僕はもともと手作業が苦手だったので、お姉さまがたの期待をことごとく裏切ることとなった。

 

僕がマネジメントで悩む最中、熊本で大規模な地震が発生した。

www.mochizoo.xyz

 

当初は危険と恐怖にまみれた熊本応援であったが、店舗の作業から逃れる絶好の機会であったため、嫌がる社員を守るという名目で何度も立候補した。「現場で戦力にならない新人を送り込んだほうが店が回る」と進言し、店長も快くそれを承諾した。本当に熊本の人たちを助けたいという気持ちもあったが、自分の持ち場から離れたいという気持ちも同様にあった。そうやって、職場のストレスを不器用な回避法でかわし続けていた。

 

このころから、会社を辞めたいという気持ちが募り始めた。

 

人事でなかったら、僕はこんな会社に来なかったのだ。なぜ僕はペンキで汚れたおっさんに罵られながら働いているのだろう。なぜ僕はおばちゃんの

現場で袖を通すユニフォームまで、すべてを憎んだ。

www.mochizoo.xyz

 

「ちゃんとやってよ」「なんでできないの?」

 

何度そういわれたのかわからない。しかし、できないものはできないのである。何度ちゃんとやろうと思ったかわからないが、ちゃんとやれた試しはない。やろうとするたびに、脳内で聞こえる「俺は人事で来たんだ、店で働くつもりで来たわけじゃない」という言葉。今まで積み重ねてきたものを生かすべく、俺を適正配置してくれ。ちゃんと人事をやってくれ。適材適所という言葉を聞いたことがないのか。

(ちなみに、採用戦略の立案では「仕事ができすぎて怖い」という評価をもらったことから、それなりに役には立ったと自負している)

 

サッカーで例えるなら、ゴールキーパーで有名な選手に「なんでお前は点をとっていないんだ!」「なんでお前はドリブルがうまくないんだ!」と叱るようなものだと思う。キーパーの存在意義はディフェンダーが抜かれた最後の最後の砦である。したがって、シュートを防ぐという一つの目的に集中するべきだ。

 

そうして積み重ねてきた経験を無視して「サッカーは点を取らなければ勝てない→点を取っていないやつは勝利に貢献していない」と、アクロバティックな視点でキーパーを批判してもどうにもならないだろう。そこからキーパーがドリブルの練習をして、シュートの練習をして、いったい何になるのだろうか。  

 

お姉さまのストレスのはけ口(サンドバッグ)になる毎日の中で、僕は気づいた。

 

満足のいく仕事をするには、自分でサービスを作るしかないのではないか、と。

 

www.mochizoo.xyz

 

僕はこうして次のキャリアは「転職」ではなく「フリーランス」または「起業」にしようと考えた。入社して10カ月のときだった。もちろん激しく悩んでいた。

 

www.mochizoo.xyz

 

 

新卒国立大学卒社員が半年で退職したことに対する激しい同情

 

そんな中、新卒の女子社員が半年で退職した。国立大学出身で、きちんと勉強をやってきたという子だった。

 

、能力値において、向上したと思えることはほぼ、なかったということだ。決められたことを決められたようにやることを正解とする会社の中で、新人が新たに生み出せるものは皆無だった。会社に対する貢献は「ボトムアップ的な提案」ではなく「トップダウン的な命令」をそつなくこなすことである。

 

やたらとITを嫌う社風であったから、データもくそもなかった。ここでリテールマーケティングを本気で学ぼうと思ったら、脳みその中に刻み込まれるくらいの時間と集中力で仕事に取り組まなければならない。毎日客がぐちゃぐちゃにしていく棚をせっせと掃除したり、入荷した品物を並べるような仕事を。僕にはそれだけの魂を込める理由を、この会社に見出すことができなかったのだ。それは彼女も同じだったと思う。

 

新卒の彼女は入社半年でボーナスをもらってやめた。彼女も自分の仕事の不毛さに気づいたのだろう。「私は花の水やりなんかをやるために大学を出たんじゃない」そう言ってパートのおばちゃんを泣かせていたらしい。この話は高卒の多い社内で相当な噂になり、「あの大卒の女はクズだ」「これだから大卒は」という認識がものすごいスピードで共有された。

 

しかし、僕は女の子に強く同情した。その理由は彼女の採用背景にある。もともと人事だったから知っていたのだが、彼女は販売職として自分の仕事を考えておらず、将来の企画職を見据えて就職を決めていた。そして、人事もその意見を尊重していた。

 

だから、「お前は販売だから当然これをやるべき」という指示に対して違和感を覚えずにいられなかったはずだ。反発もするはずだろう。しかし、現場の社員からしてみれば仕事といえば販売一本なわけで、これをおろそかにしようとする新人は「強制すべき異端者」としてしか映らない。

 

僕はテレビで眺める芸能人のスピード離婚を思い出す。お互いの理解が足りなかった。そういうのは簡単だ。しかし、このケースでは、会社が新卒にもう少し歩み寄ってやるべきだったのだと思う。「色んな企画ができるよ」「どんどん提案していいよ」甘い言葉でリクルートを成功させ、それで学生が釣れた途端、そんなのリップサービスだよとでも言わんばかりに新卒を現場に投げ込む。あんまりだと思う。

 

上司からの「マネージャー論」に愛想をつかした

 

さて、話題は僕の話に戻るとする。マネージャーでありながら下っ端の動きしかできない僕に、上司からのプレッシャーも強まっていく。

 

僕は何回か爆発した。

 

 

上司から言われたこともむかつくことも腸内細菌を数えるくらいに無数にあるが、結論から言うと「滅私奉公して会社と殉職せよ」という内容。もはや僕はそんなのクソとしか思えなかった。会社と運命を共にするなんてあまりにも魅力がない話である。

 

僕は裁判をすれば勝てそうな話もあるのだが、それは一旦書くのをやめて。

(もしかしたら今後書くかもしれない)

 

社内の大きな行事が終わった月の終わり、4月20日で僕は退職となった。

 

 

宮崎で働いて、メリットはあったのか

 

さて、僕が今回得たものについて紹介したい。先述のとおり、スキルはほぼ上がっていないと思うが、得たものはいろいろあったと思う。

 

高卒の人と働けたこと

両親が大卒で、偏差値至上主義(「お前は最低でも地方国立大学」が口癖だった) だったことで、僕もその思想に大きな影響を悪い方向に受けて、高卒の地元の友達と絡むことなく大人になってしまった。だから、高卒というとなんとなく、少し悪い方向のイメージしかなかった。池袋ウェストゲートパーク。素行の悪いあんちゃんと、15歳から煙草を吸っている汚い金髪の子持ちギャルが想起されていた。

 

だから、高卒の多い職場にいたことで、多くの発見があった。定時制高校出身の、ものすごくしっかりした女の子や、偏差値30台だけどものすごく頭の回転の速い子。社内の商品知識テストで僕と同点になった商業高校の男の子(197/200点)。

 

僕が勝てないところがあまりにも多く、尊敬すべき点も同じく多かった。彼らは「頭が悪くて大学に行けないかわいそうな子」ではなく、単純に「テストのとき、勉強にモチベーションが上がらなかっただけの子」だった。

 

僕らが偏差値上がった下がったで 一喜一憂しているとき、彼らはそれだけ友人と対話し、恋をし、相手のことを考えて生きてきた。多感な時期にそれを繰り返したことで生まれるその厚みは、僕にはない。この事実に直面して、僕の生まれついての偏差値至上主義ががらがらと崩れた。偏差値を理由に人の価値を決めていくことが、どれだけ不毛なのかを知ることができたのは、今後の人生で大きい。

 

 

 挑戦しない自分を追い込めることができた

 

挑戦恐怖症気味な僕は、あのまま東京で暮らしていたら、一生東京の会社員で終わっていたことだろう。

 

しかし、挑戦の面白さを教えてくれる出来事が多々あり、僕は次第にのめりこんでいった。

www.mochizoo.xyz

 

 

1日20時間働かされることはなかったので、ブラック企業にいたときよりも、時間は腐るほどあった。だから、その時間を潤沢に使って様々な挑戦をすることができた。

www.mochizoo.xyz

 

地方移住はホットワードだから、今、移住に挑戦することはちょっと珍しかったり格好良かったりするかもしれない。しかし、地方に移住しても、普通の会社員で終わってしまったらただの「田舎のおじさん」である。それは絶対に避けたかった。

 

宮崎の会社に就職して、それからまた東京で転職活動。そうしたら確実に「負け組」な転職活動しかできない。そう思ったことが、僕の無謀な挑戦をさらに後押しした。

  

 自分のやりたいことを大学でプレゼンしてきたりもした。準備を通して脳内のツボをたくさん押された気がした。 

www.mochizoo.xyz

 

思えば、仕事そのものからではなく、仕事を取り巻く人、そして地方というフィールドから学んだことが多かったように思う。

 

今後はフリーで生きていきます

 

今後はフリーランスとして、ブログなどを収入源として頑張っていこうと思います。今月は30本、来月は月100本ペースで記事を更新します!

 

今後やっていくことについてはまた後日書きますので、お楽しみに!

これから毎日中国語で日記を書きます。

「中国 フリー画像」の画像検索結果

 

你好!

翔吉啊!

 

我用谷歌拼音输入法写中文。我在高中学的时候,每天每天都学中文。但是,我忘了学的大部分。我决定用电脑每天写为了学好中文。

(ども!しょうきちです!グーグルのピンイン入力を使って中国語を書いています。僕は高校の時毎日中国語を勉強していたんです。でも、ほとんど忘れちゃいました。だから中国語をマスターするために、PCを使って毎日書くことを決めました)

 

中国語で日記を書く

 

はい。今日から毎日、中国語で日記(もしくはツイート)を書こうと思います。

※このブログが中国語化するわけではありません!笑 

 

上記に挙げた通り、グーグルの中国語入力もしっかりダウンロードしました。

「かしこい、使いやすい、大量の語彙!」がキャッチコピー。

f:id:nojisho:20170418010224p:plain

なぜ中国語の勉強を再開しようと思ったかというと、

 

 

翻訳とか越境ウェブマーケティングとかやりたい

実は宮崎って台湾人の観光地だったりして、日南市の飫肥にはツアーでたくさんの外国人がやってきます。

 

そういうときに案内できたり、中国語のメニュー作ってあげたり、もしくは中国語でバナー作ってweiboとかに配信したり……みたいなのって結構価値になるので、やってみたいんですよね。もはや仕事というよりもお金になる趣味みたいな勢いで。

 

中国人メディアに広告出してるけど、中国語できないから日本語の広告そのまま貼っているっていうお店もあるらしいので。

 

もうすぐで自分の時間がたくさんできるので、自分の価値を高めていけるように勉強していけたらいいなと思います。

 

学習を再開することは面倒でも恥ずかしくもない

 

一応僕は中国語中国文学コース出身なんですが、ずっと中国語を使ってなかったせいで、ほぼ完璧に忘れています。大学一年のころとかいきなり台湾に行っても普通におみやげの値段交渉とかできていたのに……!

 

一時は「中国語なんてもういいや」って思っていたのですが、この宮崎でさえ、インバウンド需要で中国熱がしっかりある中、さぼっているのもアレだと思うんです。せっかく過去に学んだ素地があるのにもったいない。今から勉強する人よりも、僕は何倍も近道ができるのだから!(と、自分を奮い立たせています)

 

なので、毎日ちょっとのセンテンスでもいいと思うので、勉強をしようかと。

頑張って続けます!